TOP > ネタ・話題 > 米海軍型「オスプレイ」CMV-22B 初飛行に成功 その導入を米海軍が急ぐ切実な理由 | 乗りものニュース

米海軍型「オスプレイ」CMV-22B 初飛行に成功 その導入を米海軍が急ぐ切実な理由 | 乗りものニュース

アメリカ海軍仕様の輸送機型CMV-22B「オスプレイ」が初飛行しました。航続距離が長く垂直離着陸が可能な同機を導入するメリットは想像に易いですが、実はアメリカ海軍に同機がどうしても必要である切実な理由...

ツイッターのコメント(17)

将来的には南極観測船に搭載されるようにならないかなぁ?
新型オスプレイCMV-22B。燃料搭載量は6.3tから2.5t上積みされ8.8t、航続距離は1600kmから2200kmに延伸。最大搭載量は5tで、2000km以上の輸送で2.7tの物資を空輸可能。
こういうのは操縦が難しいように思われる。
早くオスプレイ導入しないと、現行輸送ヘリの経年によるトラブルが増えてくるんだよなぁ。

その導入を米海軍が急ぐ切実な理由(乗りものニュース)
海上救助でも活躍が期待されます。
正規空母にも導入ですか
オスプレイとFー35で思った以上に変化がありますね
「日本は世界で唯一、すべてのタイプのオスプレイ(MV-22B/CV-22B/V-22/CMV-22B)が配備された国となる見込みです」
>当初の計画では2027年までにC-2AをCMV-22Bへ置き換える予定でしたが、これを2024年へ3年前倒しする見込み
→グレイハウンドお爺ちゃんの退役も早まるのね(T-T)
航続距離が通常型の1.4倍 2000キロ航行時の積載量がC2Aの7倍って圧倒的じゃないか!
書きました。アメリカ海軍型CMV-22Bが初飛行しました。海軍はいち早くC-2を退役させ艦上輸送機型オスプレイに代替したいようです。その理由について。
日本は世界で唯一、すべてのタイプのオスプレイ(MV-22B/CV-22B/V-22/CMV-22B)が配備された国となる見込みです。
うちの国はこれどーすんのかね、陸自のオスプレイにやらせる訳にも行かないし
現用のC-2は運用30年の老朽機だからな。
オスプレイマニア感涙!

これによって日本は世界で唯一、すべてのタイプのオスプレイ(MV-22B/CV-22B/V-22/CMV-22B)が配備された国となる見込みです。
その導入を米海軍が急ぐ切実な理由(乗りものニュース) かなり重くなっている。
当初予定より3年も前倒して導入するそうです。

【 その導入を米海軍が急ぐ切実な理由】
今話題の輸送機型「オスプレイ」初飛行に成功!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR