TOP > ネタ・話題 > 常識外れだった「真珠湾攻撃」 背景にあった技術革新とは 旧海軍は課題どう克服したか | 乗りものニュース

常識外れだった「真珠湾攻撃」 背景にあった技術革新とは 旧海軍は課題どう克服したか | 乗りものニュース

20コメント 登録日時:2019-12-08 06:04 | 乗りものニュースキャッシュ

太平洋戦争の口火を切ったハワイ作戦、すなわち「真珠湾攻撃」は、それまでの世界の常識を覆すものでした。その背景にある、着想、課題の洗い出し、その克服といった、旧日本海軍による大きな技術革新の内訳を見ていきます。...

ツイッターのコメント(20)

ミッドウェー海戦について説明する為にこういう図が欲しかった
旧海軍は課題どう克服したか(乗りものニュース 2019年12月8日)
乾坤一擲の「大博打」は、ハード・ソフト両面の周到な準備で実現した。けれど、「持たざる国」が背伸びした結果で、ここがピークだったんですよね。
>その背景にある、着想、課題の洗い出し、その克服といった、旧日本海軍による大きな技術革新の内訳を見ていきます。
そういえば今日は真珠湾攻撃の日でしたね…
文章の最後はこう結ばれています。「しかし、この技術革新の結果が最終的に日本にとって良いことだったのかはまた別問題です。」
有名な話だが今日だけに改めて。
戦争は反対ですが、こういうお話にワクワクしてしまうのは、矛盾なのでしょうか?
日本帝国完敗の理由は、」改選前からわかっていた理由で技術革新できなかったから、でもある。
1941(昭和16)年12月8日
「真珠湾空襲さる。これは演習ではない」
常識を覆す作戦だった真珠湾攻撃 背景にあった航空機の技術革新


『トラトラトラ』で源田実が鹿児島湾で雷撃訓練やったアレやね。
メモ。
常識を覆す作戦だった真珠湾攻撃 背景にあった航空機の技術革新
「乗りものニュース」といわりにはミリタリーネタが多いような...嫌いじゃないけど(^_^;)
"戦艦中心の大艦巨砲主義時代に、この本拠地を航空機で叩こうという発想からして奇想天外でした。"
旧海軍は課題どう克服したか(乗りものニュース)

後で読む
あー、そういや今日は真珠湾攻撃の日か。
逆に言えば水深が浅い真珠湾では損傷した艦船のサルベージが容易だということですよね。
おまけに、ドックを攻撃し損ねたうえに空母が留守だった……

旧海軍は課題どう克服したか(乗りものニュース)
真珠湾攻撃はニュースバリューは大きいものの、実際には失敗したと採るべきでしょう。
停泊中と算段していた空母が叩けなかった事が、後のフィリピン沖海戦(レイテ沖海戦)の大敗へと繋がったと思われる。
最初に『切り札』出しちゃダメ🙅かと😅作成決行が2年程早かったと思われ^^;
世界の常識を覆すにも、相応の準備が必要でした。

【 旧海軍は課題どう克服したか】
以上

記事本文: 常識外れだった「真珠湾攻撃」 背景にあった技術革新とは 旧海軍は課題どう克服したか | 乗りものニュース

いま話題の記事