日英なぜ急接近? 英軍艦「モントローズ」来日と一般公開の背景にブレグジット問題 | 乗りものニュース- (3)

15コメント 登録日時:2019-03-15 11:24 | 乗りものニュースキャッシュ

来日したイギリス海軍フリゲート艦「モントローズ」が一般公開されました。今回は北朝鮮の瀬取り監視のための派遣ですが、EU連合からの離脱(ブレグジット)を控え、その後を見据えた日英関係強化の意図も見られます。- (3)...

Twitterのコメント(15)

今後、この関係がより深化すれば、イギリスは日本にとってかけがえのないパートナーとなっていくことが予想されますが、今回の「モントローズ」公開はこうした新たな日英関係を象徴するようなできごとといえるでしょう  日英同盟の間柄ですもの!
英国の存在感、極東に示すのも重要なれどEU問題を早々に決着付けないと拙い気が。
| 乗りものニュース
マスコミは実際に起きてる事態に対応して『米中新冷戦』なんて言葉を造語しているが、これは大衆の認識を意図的に矮小化させる表現で・・・
日米同盟のように日英同盟になることを願ってます‼️
至極簡単な話。日本が世界一信頼出来る国だから。威張っていても困った国は寄ってくる。
物資や金銭を海上で違法にやり取りするのが「瀬取り」と呼ばれる行為、この瀬取りを放置すれば、せっかく世界各国が北朝鮮に対する経済制裁を実施しても、その効果が減少してしまう。
EU離脱、早く良い形で成せるよう願っております。そしてより深い、新たな日英同…いえ、まぁ日英関係築きましょうぞ。
...
日英同盟は急務かもしれんね。
日米英の三国海洋同盟、新たな連合国www
★日英同盟はとっくに復活いや継続してる。明治維新からの150有余年とはそういう事。そして今海洋国家vs大陸国家の対決がある。その意味では英米豪加日印を英連邦と呼び変えてもおかしくない。
仲間をたくさん作る、中国包囲網に有効。
強固な日英同盟と日米同盟があれば、中露北韓のならず者国家とも、臆することなく渡り合えるであろうd( ̄  ̄)
NATOも関連するでしょうね
君主制と民主主義、社会主義を議会制で存在させている労働党。日本が手本として見習うべきことが多々ある国。
以上

記事本文: 日英なぜ急接近? 英軍艦「モントローズ」来日と一般公開の背景にブレグジット問題 | 乗りものニュース- (3)

関連記事