TOP > ネタ・話題 > 高輪ゲートウェイ駅誕生の陰に「上野東京ライン」あり? 表裏一体の関係とは | 乗りものニュース

高輪ゲートウェイ駅誕生の陰に「上野東京ライン」あり? 表裏一体の関係とは | 乗りものニュース

カタカナを含む名前で一躍有名になった「高輪ゲートウェイ駅」。この駅は車両基地を縮小して建設スペースを確保しましたが、どうして車両基地を縮小できたのでしょうか。そのカギは4年前に運行を開始した運行系統「上野東京ライン」が握っていました。...

ツイッターのコメント(14)

直通運転はこんな所にも良い影響をもたらした!
地下鉄の直通運転や私鉄~地下鉄~私鉄で乗り通す乗客はいないのに直通指せる理由。
鉄ヲタ向け豆知識だなw
ところで、上野東京ラインができて常磐線が品川まで乗り入れるようになったのは大変革だけど、松戸駅の行先表示番に品川と表示されてるのを見る度に中途半端な行先だなぁと思う。せめて横浜くらいまではと思うが、実際あまりニーズは無いんだろうな。
普通の人はこういうこと知らないのか…
なるほど。 - | 乗りものニュース
東日本旅客鉄道が東海道本線の列車線と東北本線の列車線を直接繋ぐ悲願の事業を完成させたからですね。尾久の車両基地を活用できるようになりました。
うん?違うでしょ?
土地の売却益の方がプラスになると踏んだからでしょ?

表裏一体の関係とは(乗りものニュース)
都内一等地を車両基地で遊ばせておきたくないJR東日本が品川車両基地跡地再開発の為に上野東京ラインを誕生させた。

表裏一体の関係とは(乗りものニュース)
票数でなくカタカナの駅名を問題にしてしまった。ここで既に情報操作に飲まれたと言える。
高輪ゲートウェイ駅は開業時山手のみ停車。
京浜は利用状況を鑑みて通過。
初年度の乗車人員は30,000程度(泉岳寺が乗り換え指定されればもう少し伸びるだろう)
前々から高輪新駅は後の上野東京ラインが開業しないと話は進まないのは前々から言われていたのに何を今更な記事。
壮大な玉突き計画ですね。京急本社の移転や京急品川駅地平化も……
上野東京ライン功罪。功は山手・京浜東北の混雑緩和。直通運転は利便性向上という功より、トラブル頻度増加・東京/上野始発が減り座れないという罪の方が大きい印象。ブルートレイン廃止も罪
利用者へのメリットよりは超一等地・高輪ゲートウェイ不動産開発という側面が強い…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR