各国の哨戒機が日本で大集合、理由は「瀬取り」 対潜水艦戦闘用の航空機がなぜ? | 乗りものニュース

2018年9月、実は日本へ数か国の対潜哨戒機がぞくぞくと集結してきていました。わざわざ海を越えてやってきた理由は北朝鮮による「瀬取り」の監視ですが、なぜ対潜水艦戦闘用の航空機が、洋上の監視にあてがわれ...

ツイッターのコメント(74)

関連でこちらの記事もどうぞ!

【 対潜水艦戦闘用の航空機がなぜ?】
私的にはこの辺りから具体的な瀬取り回数や船籍を分析して今回の件に至っているのかと。あくまで妄想ですが。
祭り気分で賑々しいw
日本含め各国の哨戒機がただいま北朝鮮の密貿易を監視中
瀬取りなどの抜け穴をふさがなければいくら国際社会が制裁措置を行ってもその意義が薄れてしまうことになり結果として北朝鮮の核兵器開発などをやめさせることが難しくなる
P-3Cといえば、日本ではロッキード事件でおなじみですが、ピーナッツとか政商とか懐かしいですね。 / “ | 乗りものニュース”
韓国も監視対象?
協力するなと言う気はないんだけど、韓国でなくて日本な理由は何なん?
韓国の方が近いんだし、韓国の方が良くない??
読んだ
このような活動が行われている最中に、韓国軍は火器管制用レーダーを自衛隊の対潜哨戒機に照射したんだよね。 / “ | 乗りものニュース”
 
PR
PR