TOP > 都営バスに「フルフラットバス」導入へ 通路の段差、後方まで解消 | 乗りものニュース

都営バスに「フルフラットバス」導入へ 通路の段差、後方まで解消 | 乗りものニュース

東京都交通局が、車内通路の段差を解消した「フルフラットバス」を都営バスに導入します。運行開始は2018年内の予定です。

ツイッターのコメント(18)

阪急バスもぜひ。

| 乗りものニュース
『東京都交通局は2017年9月7日(木)、車内後方への通路の段差を解消した「フルフラットバス」を、路線バス(都営バス)に日本で初めて導入すると発表しました。』
どんなに良いもの導入しても利用者側が理解していなくてはどうしようもない。先日、池袋で都バスのゲテノンが前扉までパンパンなのに後方エリアスッカスカ車両見て改めて思った。
国内すべてのバスがこれになると嬉しいな。~
「車内後方の通路には段差があることで乗客が車両の前方にとどまりやすくなり、混雑や乗り降りに時間がかかる原因に…」いや、原因はそこじゃない。皆、扉付近にとどまるのが原因だ。
フルフラットってエルガイムに出て来なかったっけ?

| 乗りものニュース
「ヨーロッパでは現在、この段差のない車両が主流になっていることから、入札に参加する車両メーカーは「国内外になるのでは」といいます。」
こんな構造が実現できるんやね
ベビーカーに車椅子、高齢者等々考えると早く導入されて主流になると良いね / “ | 乗りものニュース”
“ | 乗りものニュース”
車軸どうするのかと思ったらドロップアクスルで回避するのか・・・でもこの床高さだと、後輪も左右独立サスにしないとアカンのでは?
逆に地方都市ではおさがり車両を使えなくなりそうで大変だなあ。。。 //
これさ、イラスト見る限り国産車じゃなくね?
スカニアジャパン又は三菱ふそうトラック・バス(メルセデスベンツ/セトラのバス=エボバスとして)が受注するかも知れませんね。
これで平地部分に立ち客が固まるとか、段差部分のデッドスペース無くなるなら結構大きいかもね。特に京都の市バスとかどんどん導入すべきだけど、まだ車両費高いかな?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR