東急目黒線 驚きの「所要時間5分短縮」のワケ ミニ路線に残されていた高速化の"ポテンシャル"とは | 乗りものニュース

目黒線がダイヤ改正で「最大5分短縮」とのこと。どうやって達成するのでしょうか。 ...

ツイッターのコメント(12)

あのローカル感満載だった“目蒲線”が、今やすっかり立派になっちゃって。
奥沢駅は地下化して相対式2面4線化して欲しい。
自由が丘駅大井町線も地下化と待避線新設を。
これはヤバい ( ゚д゚)
奥沢駅で追い抜き可能にしたことでこんなに変わるのね →
そもそも何故、武蔵小山での緩急接続という設計だったのだろう。どう考えても位置的にアンバランスなのだが…。下りは相変わらず。奥沢待避出来ないので。
残されていた高速化の"ポテンシャル"とは 「奥沢と武蔵小山の2か所で各停を追い抜く列車」 | 乗りものニュース
目黒くんやるやん!(Not Snow Man)

『 ミニ路線に残されていた高速化の"ポテンシャル"とは』乗りものニュース
奥沢ね。

乗りものニュース: ミニ路線に残されていた高速化の"ポテンシャル"とは.
意外と単純で目からウロコ!😂💦
| 驚きの「所要時間5分短縮」のワケ/ミニ路線に残されていた高速化の"ポテンシャル"とは(乗り物ニュース)
目黒線がダイヤ改正で「最大5分短縮」とのこと。どうやって達成するのでしょうか。

【 ミニ路線に残されていた高速化の"ポテンシャル"とは】
以上
 
PR
PR