新幹線開業後も「第三セクター移管を免れた」3つの並行在来線 そのカラクリとは JRのまま残った理由 | 乗りものニュース

ツイッターのコメント(12)

「(長崎本線の、)肥前山口(現・江北)~諫早間は3861人/日(60.8km)と輸送密度が少ないため、当初はJR九州も分離の意向でした」
不都合なデータすぎて省かれてる北陸さん
北陸新幹線小浜開業の話が最後に出てるけど、あの区間って都市圏輸送だから少なくとも今津〜山科の分離は無理やろ…
北陸新幹線新大阪延伸
湖西線、サンダーバード
どうする🤔
改めて歪んだスキームをわかりやすく数字で可視化されるとなんというか、嫌になるな
北陸新幹線延伸時に湖西線が第三セクター化されることが書かれている。かつて国鉄湖西線が開通した時に多くの人が狂喜していたのをリアルタイムで見ていたので三セク化は本当につらい。けど結局は京都や滋賀の自治体が北陸新幹線に反対してこなかったので自業自得ということか
信越本線高崎~横川間及び八高線高麗川~倉賀野間は東武鉄道に売却、しなの鉄道は西武ホールディングスの西武鉄道が子会社化、同社の軽井沢線を(以下略
JR西は湖西線の経営分離を見越して国鉄型車両をギリギリまで残している。今後新型投入で余剰となった岡山の国鉄型が吹田へ逆転属というのもありそうだが、その前に寿命が来てしまうかな。
将来、人がいなくなる地域に新幹線を整備し続け
在来線の整理統合もしない。
将来の子供達にどれだけの負担を残すのか

三大都市圏と仙台までの新幹線を残して
新幹線はすべて廃止した方がいいです。
新幹線を熱望する地方自治体と儲からない新幹線は作りたくないJR。そこで国が公共事業として作ってJRに貸し付ける… それで採算が取れるのでせうか。
西九州新幹線はさらにややこしい話だったようです。

【 JRのまま残った理由】
以上
 
PR
PR