壮観! 山手線を走った103系「5色混合編成」 たった2日間だけの特別運用なぜ? | 乗りものニュース

ツイッターのコメント(12)

編成内で2両づつ色を揃えるために通常はTcMM'TMM'TMM'Tcという組成になるところをクハの隣にサハを繋いでTcTMM'MM'MM'TTcに組成してたんだよな
あとウグイス色のサハが非冷房
たった2日間だけの特別運用なぜ?懐かしい~あし(私)が幼少期~高校3年半年迄利用した山手線。
もうぼちぼちティーンからは103系って何?とか言われそうだ。元の数こそ多かったが、私鉄にも払い下げられなかったほど特殊なのだろう(車輪径、、大きいモーター、軸距、主抵抗器送風機…バネも固い…)
大昔の武蔵野線を思い出すな。あれはそれでも4色だったのか。
極々単純な2両1ユニット構造の103系ならではの編成組み換え(新幹線0系も同様の構造なので両先頭の4両分以外12両全てがグリーン車という超特別編成も組成されたことがある)
この記事を読んで「鉄道開業150年記念の一環でE231系やE233系でも実現させて欲しい」と思ったけれど、可能なのだろうか・・・?
Youtubeにもあるけれど実際に見てみたい。
子供の頃、中央線でこの混色編成を何度か見て(乗って)興奮した覚えあるけどなぁ…。
私に軽く鉄ちゃん成分入ってるのは、この混色編成が原因のひとつだと思うのよね。
2日間限定の山手線103系カラフル仕様とは?!
これはまた懐かしいモノを…まだ京浜東北線が快速運転する前だったので田町から田端までずっと抜いたり抜かれたりしてた。ウグイスかスカイブルーを先頭にしないと山手線を走れないので、クハサハが端っこでモハが6両続くと言う、安定性がちょっと不安になる編成だった😅
子供の頃見たけど、一編成にバラバラの色の車両が連結されていて、特に国鉄のストライキの際に車両に白文字でストライキに関すすメッセージが書かれていたりしたな。
今だったらラッピングで再現できるかも!

【 たった2日間だけの特別運用なぜ?】
以上
 
PR
PR