JR西 屋根上がスゴイ新型総合検測車「DEC741」導入 夏に引退した国鉄443系の魂移設も | 乗りものニュース

JR西日本が、新型の総合検測車「DEC741」を導入します。線路やその電気まわりの検査を、走行しながら行える車両で、多数のカメラを搭載。AIを用いて解析されます。また2021年夏に引退した443系の装...

ツイッターのコメント(13)

JR西もすごい検測車を造ったもんだ(笑)
屋根にあるカメラの数ハンパない😅
これだけあれば些細な架線の見逃すことはなさそうだけど😅
かなりキショい😅
「魂」の移植と聞いて、いつからJRは交霊会だかシャーマンみたいなことができるようになったのかと素で思ってしまったww😮
カメラ検測用に備えられた照明が多いので、夜間走行時はゲーミング検測車みたいな事になりそう。
HP製機器を搭載してほしい。
機能は面白い。が、模型作りで困惑の車両がまたひとつ。

(乗りものニュース)
ついに741が
姿表したのか、、、
何となく京急に見えた😅あいの風とやま鉄道や氷見線城端線もこれくるのかな?
屋根上がスゴいことに!

【 夏に引退した国鉄443系の魂移設も】
以上
 
PR
PR