Suicaではない「タッチで乗車」 JR東日本が実証実験 | 乗りものニュース

JR東日本が、交通系ICカード「Suica」のようにタッチして乗車できる新たなシステム「NFC乗車サービス」の実証実験を開始。なぜSuicaに加え、それを展開するのでしょうか。乗車以外でも広く使われる...

ツイッターのコメント(13)

訪日客の利便性向上かと思ったら全然違った。確かに予め出発地点と到着地点、人数を登録して読み取り、決済は後日って使い方はSuicaには出来ないや。
この技術は個人的に今後が楽しみと思ってる
複数人での乗車場面ってそんなにあるの?
NFC TYPE A/B使うのはいいけど、独自システムなの? バカじゃなかろうか
導入コストや利便性って意味をまともに考えた方がいいと思う
Suicaは東京の改札を捌くオーバースペック故の実験
ダメ出ししかない!
このシステムは提供会社側しかメリットがない❌
利用する側が手間掛かる、利用しやすさの利便皆無❌
クレカ決済しかできないのが一番ダメ❌
「Ringo Pass」って名前が気に入らねえな(^o^;
乗車前の準備が煩雑で現状ちょっと厳しそう。でもSuicaもそろそろ規格が古過ぎる。スマホが音声で改札を検知しQRコードを表示するシステムとかできないかな。
複数人乗車の時は便利かも>
乗りものニュースの初代編集長、恵さんがJR東日本について、ウソではないけどアフォ丸出しの提灯にすらなってない記事を書いてますね。明日急遽、この件について解説動画を配信します。
Suicaがあるのに、なぜ導入するのでしょうか?

【 JR東日本が実証実験】
以上
 
PR
PR