TOP > ネタ・話題 > 「ベタ踏み坂」なぜできた? 湖の上45mで県境またぐ橋 背景に「前身の橋」と航路の歴史 | 乗りものニュース

「ベタ踏み坂」なぜできた? 湖の上45mで県境またぐ橋 背景に「前身の橋」と航路の歴史 | 乗りものニュース

島根県と鳥取県境にまたがる湖「中海」の上を、「江島大橋」がまたぎ越えています。アプローチの急勾配は軽自動車のCMで「ベタ踏み坂」と表現され有名になりましたが、実は「前身の橋」も存在した、地域にとって不...

ツイッターのコメント(29)

そんなんです
「Google先生、又ミスったな」
と思える程の普通の道路でした
子供の頃大橋川で遊んでる時に大根島からの汽船が通ると大きな波が出るので、近くのしじみ舟に飛び乗って波に揺られるという遊びをしてた。懐かしい。
←上りはドキドキします。
中浦水門懐かしいなー。跳ね上がる橋は待たされたけど結構好きだった。 // -
「圧縮効果」
マスゴミがよく使う手だね😁
圧縮効果を利用して人混みを撮っていたからなぁ🤣
橋は境港管理組合管轄だから実質的に鳥取の物なのに、なんで島根主体で記事が書かれてるんですか!!!!!!!!!怒りが込み上げるわ😡😡😡😡😡(過激派
レンタカーで通ったけど、大した坂ではない。
大した勾配ではない。おそらく金大のファミマ~自然研のところと変わらないのでは。
背景に前身の橋と航路の歴史 (乗りものニュース)

3年前に行ったなー
間近で見るとそうでもないんだよなぁ
この橋すげえな。 |
スリルを求めるなら、境水道大橋の方が良いぞ!
思った通り。圧縮効果でしたなぁ。しかも何処から撮ったかまで、思った通り。わざわざ行って見る必要はなくなった。むしろ跳ね橋だった頃の方がバエたろうね。
2000mmのレンズってあるのか😅
冬 凍結したら大変なことになりそう。
かつて在籍した会社の上司が設計
した橋です。
"CM撮影やポスターで見る急坂は、遠くから望遠レンズなどを用いて撮影することで、景色が圧縮されて坂道などが急に見える錯覚効果の一種「圧縮効果」によるもの。手持ちのスマートフォンで撮影しただけでは普通の坂道"
渡った事があるけど、アクセル全開までいかなかった。割とスムーズに走れたよ。
中浦水門懐かしいww😅…船が通過する時には鉄道の踏切に設置されているものと同じ警報機と遮断機が作動して通行を遮断させ橋が開く仕組みでした。(;´∀`)
実際の勾配は新湊大橋より緩かった気がするんだけども。
2013年末から放送されたダイハツ「タントカスタム」のテレビCM

島根県松江市の江島と鳥取県境港市の境をまたぐ「江島大橋」の島根県側がロケ地
 さんが発した「ベタ踏み坂」という言葉が坂をなす橋の通称として広まる
行ったことあり。
中浦水門 
子供の頃、跳ね橋を見たくてよく連れて行ってもらった記憶があります😁
錯覚のひとつの圧縮効果ってやつは
質の悪い記事でよく使われるので
覚えておいた方がいいよね

でも ベタ踏み坂って
田舎にはホンモノがたくさんあるよ
見た目ほど急ではないんです。
急は急ですけど😅
この橋、境港の船着場辺りから見上げると遥か上に見えるよね。
周りがチンタラしすぎてベタ踏めない坂だし、見た目的にもそんな急傾斜でもない。
山陰ガッカリスポットのひとつ。
ベタ踏みってほどでもないんですよ、ホントは。

【 背景に「前身の橋」と航路の歴史】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR