TOP > 政治・経済 > 「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

うがい薬の代名詞である「イソジン」ブランドを、明治ホールディングス傘下のMeiji Seikaファルマが2016年3月に手放すことになった。50年以上育ててきた主力ブランドに別れを告げる。イソジン商標...

ツイッターのコメント(239)

味覇と創味シャンタン、あるいはヤマザキナビスコとモンテリーズジャパン、みたいな。
薬局でイソジン探したらカバくんじゃなくてイヌになっていて調べたらこんな背景があったとは>
@oto_pappa こんな理由です~ 昔読んだ記事を思い出して探してみました😀
知らなかった。今はあのカバくん、イソジンのキャラじゃなくて「明治のうがい薬」のキャラクターなのか
5年前の記事(先週まで知らなかった)。
イソジンは明治のブランドから離れてたのね。。
@ryom3716 「イソジン」ブランドを、明治ホールディングス傘下のMeiji Seikaファルマが2016年3月に手放すことになった。
塩野義はムンディと技術提携して、1989年に国内初のがんの麻薬性鎮痛薬「MSコンチン」、2003年にもう一つのがんの麻薬性鎮痛薬「オキシコンチン」を開発・発売。
@yascosan @tetsulovebird かばくんについてはこちらの記事がわかりやすいです。
イソジンって、明治だとずっと思ってた。
塩野義に変わってたんだ。
塩野義製薬は カバ君じゃないっす
meijiは、meijiで「うがい薬」として、
カバ君を使っている
最近また読まれてますね
思い出した。昨日の事の様だが4年半前の記事だった。
ポビドンヨードうがい薬の「イソジン」。商標権を持つのはムンディファーマ。日本ではムンディと提携した明治が国内での製造販売を行うが、2015年に契約解消。ムンディがイソジンの製造販売元に。明治は「明治うがい薬」としてポビドンヨードうがい薬を製造販売。
2008年、協力隊にいったときカバくんのイソジンもってたなぁ
もうカバくんイソジンはないのね
あってももういらんけど
あーそうそう思い出した。なんか違和感あるなぁと最近のニュース見て思ってたのよw
なんかヤマザキとナビスコにおけるリッツの話と似てるんだなこれ。
@hoheiP 「イソジン」の商標ライセンス契約解除されたらしいです。

「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由
そういえば、イソジンってカバくんじゃなくなったんですよね
@Namino_Maminami かばさん達は明治にいるらしい
カバくんの事が気になっていたらそういえばこんな事あったわね。
かつては明治製菓がイソジン作ってたのよね。その後Meiji Seikaファルマに社名変更して、2016年にイソジンは明治を離れた。 / | 経済ニュースの新基準
なるほど。こんなことがあったのですねぇ。
今もう明治じゃないからでは……。2016年3月に明治ホールディングスはイソジンブランド手放してるし。
うがい薬界隈の「大人の事情」です。
そういえば明治はもうイソジンって名前で扱ってなかったね。
イソジン名で売ってるのは別の製薬会社。
その昔母の知り合いから「あなたはイソジンに似てるわねぇ」と言われ「え…風邪薬?もしかしてあのカバ…?」とか思って画像検索したら韓国の俳優さんだったことがあったな(遠い目)てか、イソジンはあのカバに別れを告げていて軽く衝撃。
イソジンのカバくん問題あったよな…
…と、見返したらカバくん使えるのは明治だけか
@JQ1SOA 当時の明治製菓が製造していた、恐らくは唯一のお菓子以外の製品。

ググったら、これ↓が出ました。


余談ですが、最初にWikiでイソジンを調べようとしたところ、中黒(なかぐろ)付きのイ・ソジンが出て来ました。
…事実は小説よりも奇なり。
イソジンが欠品になる程売れても塩野義の売上規模3200億から見たらそんなでもないんじゃねえの?明治から塩野義にイソジンブランドが移った記事で具体的な売上出てるけど

|
@myoujyou921 なんか色々ややこしいことになってこうなったみたい
イソジンと言えばカバくんだよね
えっ、あれからもう5年ですって…?
カバくんのイソジンが明治うがい薬になったの2016年か。そんなに前か…
イソジンって明治じゃないの? どうなってんの? と思ったら2016年に明治がイソジンのブランド手放したのね。知らなかった
@marimandona262 残念ながらカバくんはイソジンとサヨナラしたんです 涙

「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 vía @Toyokeizai
なるほどー
なんかずるいなムンディ
イソジンちゃいますイマジンです。
はいそうです、ジョンレノンです。

いつも今日聞こえてきたワードを作字しているのですが、流石にイソジンって描けないわーってなりました。だからです。

あれ?明治?イソジンとカバくんどうした?と思ったらここに書いてありました😃
たぶんほとんどの人がイソジンはカバくんだと思ってるだろうけど、もう5年も前からイソジンはカバくんじゃないのだ。
(↓)2015年の記事。イソジンの商標もってるアメリカの会社が自社で日本展開していくために手を切ってきたもんだから明治にはキャラクターのカバだけ残り、それを推してる現状
それとポビドンヨードといえば、昔のイソジンは今の明治うがい薬になっています(リッツとルヴァンみたいな関係)
ちなみに、イソジンのカバはもう居ない
うがい薬の代名詞である「イソジン」ブランドを、明治ホールディングス傘下のMeiji Seikaファルマが2016年3月に手放すことになった
イソジンが話題になってるが、日本でイソジンを育ててきたのはカバくんで有名な明治。そのブランド力に目を付けた米国の保有会社が明治からライセンスを奪い取ってしまった。
だからカバくんは「明治うがい薬」に代わっている。
イソジンといえば私にとって明治のかばくんのイメージだったのだけど、明治はイソジンという名前を2015年に手放したのだね。知らなかった。
そしてイソジンといって思い出すニュースはこれですね。イソジンにはもうカバくんいないし。。
ここでイソジンとカバについて復習しておきましょう。
「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 | | 経済ニュースの新基準
読んでるだけで吐き気がする。外資系企業のえげつなさ全開だ。今回献金でももらったんじゃねえの?w
イソジンが効くなら旧イソジンの「明治うがい薬」も効くってことかな。
なんと、いかにも重大発表風に報道されてしまったため、イソジンが売れている。明治はブランドの重みを噛締めているのか
もっと見る (残り約189件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR