TOP > 政治・経済 > 成功する経営者は「塩の辛さ」を知っている | 松下幸之助はなぜ成功したのか | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

成功する経営者は「塩の辛さ」を知っている | 松下幸之助はなぜ成功したのか | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

能力は60点でもいい。しかし誰にも負けない熱意がなければいけない。そして、努力をすることである。昨今の一部の風潮にまどわされてはいけない。濡手に粟というようなボロ儲け、宝くじ的確率に己の人生を賭けては...

ツイッターのコメント(23)

色々納得、MHのソロとPTも似たようなモン(・ω・`)
これいい言葉
現代人に響きやすい言い方にアレンジされてる感じ。上手い。
このお話とても勉強になります。
知識と知恵の違いですね。
産学一体となった戦略で初めて日本の知恵が活躍するんですね。

| 経済ニュースの新基準
良記事です。是非ご一読ください。

Toyokeizaiより
Toyokeizaiより
勉強になりますm(_ _)m  | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
理屈は解っていてもやってみることで実感を掴めたというのはある。実践とその感触を大事にせよということなのだろう。
「まず汗を出せ、汗のなかから知恵を出せ、それができない者は去れ」と。
まずは現場で経験を積んでからですね!
順番は大切、ですねー。

>
まさにリアリティってことですね!
リアリティは重要!
松下幸之助の言葉は重みがありながら分かり易く、確信を指摘しています。

-
知恵ある者は…これ、加盟組合対応企業で見ました…冷汗
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR