なぜ村上春樹は世界中の人々に「ささる」のか | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――村上さんとの出会いは?作品を知ってから四半世紀の付き合いになります。最初に出会ったのは1989年、『羊をめぐる冒険』がアルフレッド・バーンバウムの翻訳で、アメリカで話題になる少し前のことでした。僕...

ツイッターのコメント(35)

分かりやすいけど、実は深いテーマが感じられるから、らしい(大意)
思い出した。ジェイ・ルービンさんのインタビューだった。「火山は象徴ではない。火山はただの火山だ」
古い記事だけども。

「還元的感化とは、作家と読者の間に「純粋かつ個人的な関係」が構築されるたぐいの感化を言います。作品そのものが、読者の心にストレートに飛び込んでいく。」
へぇ…💡
これは しておきましょう🖊️
還元的感化とは、作家と読者の間に「純粋かつ個人的な関係」が構築されるたぐいの感化を言います
( ˘⊖˘) 。o(よい文学とは日常生活に響くもの、ていう所が好き)
2015.9月の記事。「海底火山」の逸話が面白かった。
 
PR
PR