そこにある「SNSの呪い」に、皆まだ気づかない | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

これは2年ほど前のことだ。ぼくが飛行機の窓から外を撮った写真をツイートしたら、「これって滑走路を走行中に撮った写真じゃないですか? だったらアウトですよね?」というリプライが来た。もちろん、それは停…

ツイッターのコメント(38)

東洋経済オンラインさんの記事( )のタイトルにあるよう、皆、SNSの呪いに気づいていないのです。気づいていない人にかかるのです。気づいている人にはかかりません(効かない)。ですから、気づけるようになることが大切なことなのです。
( )

東洋経済オンラインさんの記事に書いてあるよう、「呪い」とは「潜在意識に働きかける心理的な攻撃」なのです。それに気づけない人が殆どです。
東洋経済オンラインさんの「 )」記事のお陰で、気づける人もたくさん増えました。「呪い」=「潜在意識に働きかける心理的な攻撃」=「魂の殺人の方法」です。
「呪い(潜在意識に働きかける心理的な攻撃の一種)」に気づく人は増えてきています。「 )」、東洋経済オンラインの記者さんは、ちゃんと気づいています。
@s_monster369 繰り返すことで、潜在意識(無意識)に働きかけることが出来ます。指殺人を行う者は、そうやって、人を殺しているのです。これは、「SNSに潜む呪い」です。

こちらは有名な記事です。
この記事も読んでおいたほうが良いです。
これ凄くわかるな〜
『被害者意識を抑えることができず、ほとほと疲れてしまった』これが泥沼していく原因なんだよねえ・・・。
 
PR
PR