TOP > 政治・経済 > 大学受験に有利なだけが中高一貫校じゃない | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大学受験に有利なだけが中高一貫校じゃない | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

例年にも増して暑かった今年の夏休み。来春、あるいは再来春の中学受験を目指して塾の夏期講習でみっちり勉強した小学生も少なくないだろう。「中高一貫校では先取り学習ができるから大学受験に有利だ」これは通説…

ツイッターのコメント(29)

10代を「辛く」過ごすのではなくて、「貫いて」過ごす選択をしました。

志望校ではありませんが、地元の公立に行くことはしません。
高校受験がないから部活も5年半くらいできるのが個人的に一番良かったところだな。
古い記事ですが、タイトルは同感です
<<<それが理想なら義務教育との切れ目の高校受験という学制そのものに問題提起してもらわんとな。
私が言いたいことを全部書いていてくれている。
ただそこそこのレベルの学校に合格できた場合はいいのだけれど・・・
俺も中高一貫校だったが、この記事に強調されている様なメリットはそこまで感じなかったなあ。やっぱレベル違い?
よほどの進学校に行かないと成立しないぞ。親が安心・子が楽を金で買うんだで。
ほんとかしら?高校受験しなくていい代わりに中学受験せなあかんわなぁ。
中学受験にもデメリットはあって、子供の生物的な成長段階に大きく左右される点、これずれると金と時間ドブに捨てるだけ。
【中学受験】ゆとり教育を通じ「深く」「時間をかけて」学習に取り組むことが可能です。
でもうまく機能しないと成果出ないよね。僕の地元がまさにそれ。中だるみするのよ。
東京の進学状況は特殊だと思う→
うちの子も楽しそうではある。たしかに高校受験は大変だろうと想像するが、中学受験もなかなか大変で、いつやるかって違いだと思います⇒"
校風のあう合わないで、人生がかなり左右されるとおもうが。
| 新世代リーダーのためのビジネスサイト うちの学校はそうでもないけどな
わたしは通ってなかったけど、静附の授業ってこれに近いものがある気がする!
これをウリにしていければいいんだよね~
中高一貫をスタンダードにしよう
「中高一貫校のメリット、真のゆとり教育」

→ へぇ~。一貫校とは無縁なので真偽不明だけど、、、選抜は中学入試でやれ、ということなの?
「 「真のゆとり教育」がそこにはある」」
・多感な時期を高校受験につぶされない
・高校受験があることが、日本の教育の最大の欠点

普通に高校受験した私には未知の世界。
大学受験に有利なだけが中高一貫校じゃない: 例年にも増して暑かった今年の夏休み。来春、あるいは再来春の中学受験を目指して塾の夏期講習でみっちり勉強した小学生も少なくないだろう。 「中高一貫校では先取り学習ができるから大学...
中高一貫校は高校入試がないから、特に中学の授業が大学教員の自分から見ても、生徒に考えさせる深い内容の授業や演習をやっていて素晴らしい、と思うことがある。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR