TOP > 政治・経済 > 太田市は外国人労働者の流入で変貌した | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

太田市は外国人労働者の流入で変貌した | 自動車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

マドラサ(イスラム教の高等教育施設)で学ぶアフガニスタンの子供たち、5カ国語で行われるカトリック教のミサ、60カ国以上から集まってきた労働者たち─。ここはニューヨークではない。群馬県太田市だ。「スバル...

ツイッターのコメント(24)

3年前の記事だけど、今も変わらない。太田市は日本のNYと行っても過言ではないな(笑)(笑)公園とか外国人家族で溢れている、しかも様々な国籍の人達で。
ってさ、マジでなんなの? 群馬県太田市は、スバルの工場があり外国人労働者がとても多い地域。そこで排外で差別を打ち出す候補者などあり得ない。本当に共生について考えなければならないよ。
スバルが快調である一方で、日本人と交流が浅いまま 深まる外国人コミュニティ
地域住民は、迷惑だろうな。
例のエンブレム問題が飛び火した太田市ってどんな町かgoogle先生に聞いてみたらこの記事が。。。
例のスバルの外国人労働者の待遇の記事の続き、街の中でも日本人や出身国によって格差が固定化されてる。
  ↓
また群馬ネタか。
群馬、太田は日本でなくなるのか…?

| ト
この多様性って、

とんでもない強みなんじゃないだろうか。

出来ることは多そう。

その前に、

早く市長を変える必要があるけど。

-----
人口22.2万人の太田市が擁する

外国人の国籍は63カ国


-----
メモ

| 新世代リーダーのためのビジネスサイト
地元民がビビっちゃって交流どころじゃないのかも。日本人同士でさえ多様性が希薄な地区なのに。
移民国と違って日本では、出稼ぎの移民労働者は普通の街中では肩身が狭いからね。まあ、時間が解決する部分も多いような気もするけど。⇒
日本人>日系人>その他と階層ができるというのはなかなか /
いいな太田伊勢崎。モスク見てみたい。ていうか東毛は国際色豊かな街が多いな(笑)/
マスゴミが、今度はここを漁り始めたか。〉
この写真の店よく行くけど、ここ大泉なんだよな。
おもてなしニッポン!の無惨な光景/
地元。リーマンのとき問題になったことあんま変わってないみたいだ、、。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR