TOP > 政治・経済 > 水戸岡デザインは古い?「観光列車」に新時代 | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

水戸岡デザインは古い?「観光列車」に新時代 | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

30コメント 登録日時:2015-05-03 06:38 | 東洋経済オンラインキャッシュ

4月29日、新幹線開業に沸く北陸エリアで、新たな観光列車が走り始めた。能登半島の第3セクター鉄道会社・のと鉄道の「のと里山里海号」である。車両デザインを担当したのは、山村真一氏が代表を務める名古屋市のデ…...

Twitterのコメント(30)

水戸納豆先生のデザインは九州だけでよろしく。でも、飽きた…w
誰だって椅子が固い列車いやでしょ
2015年の記事だけど、こういう動きもあるのね
@yukkariin

勉強になりました。面白いね、こういうのも。
負の面もあるとはいえ,水戸岡デザインを「古い」というのは彼にも鉄道会社にも失礼ではないか。
地方私鉄が低コストで観光列車を作るための結果が量産型水戸岡車なのね…
水戸岡デザインを批判する方はよく読んでね
水戸岡デザインそれでも大好きなんだよ……でも今後の事を考えると新しい風も必要ではあるしそうあるべき
三菱自動車FTOランサーデザインの方(あらなら自分の乗っていたアレか?)
走るカフェ「フルーティアふくしま」気になる
観光列車乗ってみたし!▶︎
まあ各地に出来るとありがたみが薄れるよね
ようやく脱皮の兆候が・・・? (私は最初からみとおかデザインが嫌いですw)
水戸岡デザインは古い?「観光列車」に新時代〜これからの楽しみは"乗る"だけじゃない(東洋経済)
水戸岡デザインは古い?「観光列車」に新時代
日本中に水戸岡デザインが溢れていて独自性が薄いのは確かだけれど「古い」は失礼だ。
どれもコレも同じようなコテコテのデザインで新鮮味も無く正直ウンザリだよね。 →
観光列車2.0か流石@tetsuani氏時代の流れを掴んでいる。水戸岡デザインは一時代を築いたが新展開が必要なのは事実だし、それは水戸岡氏が一番認識してるのでは?。: 東洋経済
JR九州批判の記事ではなかった
@Toyokeizai|「のと海里山里号」「伊予灘ものがたり」「フルーティアふくしま」「伊豆急行「ぶらり旅」号」
あら、のと鉄道の観光列車が紹介されている。
全てを否定するわけではありませんが、費用対効果をかんがえれば、税金をつぎ込んでまで実施すべきではないでしょう。でも直接負担しない地域住民と観光業界の反発を気にして行政は動かざるをえず、また、ネタ探...
この潮流最終的には古き良き12系キハ58の復刻に至るんじゃないかな?
いい記事なのに煽り気味の見出しで損をしている。東洋経済は最近こうなのかな。
水戸岡デザインの車両は最初は斬新だったけど、地方の鉄道によって乱発されて飽きた感じ。
国内の観光列車に新たな流れ。各地の鉄道会社は水戸岡デザインの観光列車を投入していたが、多彩なデザイナーを起用へ。東洋経済の記事。  伊豆急行「ぶらり旅」号は、1961年製造の車両を再生し、古さが売物。創意と工夫こそがポイント。
以上

記事本文: 水戸岡デザインは古い?「観光列車」に新時代 | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事