TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > プロ野球の試合時...

プロ野球の試合時間は必ず短縮できる | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

16コメント 登録日時:2015-03-27 06:21 | 東洋経済オンラインキャッシュ

いよいよ2015年のプロ野球が開幕する。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーはシーズンの開幕を2日後に控えた3月25日、異例の「コミッショナー宣言」を発表した。まずは少し長くなって恐縮だが、全文をご…...

Twitterのコメント(16)

今更ながらこれは正論だと思う。ストライクゾーンが厳しい審判はファンにも地球にも優しくない。:
ああ内部でも短時間化は課題なのねつっても3時間切るのが目標っぽいが
記事の主題よりも審判員の報酬の安さにびっくり。
試合数の多少はあるけど、J1主審の報酬は1試合12万円。

セパ合わせて交流戦も含めると約900試合。
59人の審判員で単純計算すると15試合/人。...
審判によってちがうとは
優秀な球審の登板数を増やせば、試合時間は短くなる!!!
「優秀な球審の登板数を増やせば、選手への周知徹底事項を増やさなくても、試合時間は短くなる」/ _東洋経済オンライン
簡単な解決法がある。9回制を止めて短くすればよい。バレーや卓球だっていつの間にか短くされていたしな。 / “ | 新世代リーダーのためのビジネスサイト”
時間短縮が大前提で語られてるけど、本当にそれでいいのか??

@Toyokeizai
どうなんだろう。ぼくが行った試合は5時間かかったけど白熱の投手戦楽しかったよ
プロ野球の試合時間は必ず短縮できる - オリジナル: いよいよ2015年のプロ野球が開幕する。人気は回復傾向だが、未解決の問題の一つに試合時間の長さがある。昨季の平均は3時間17分。こ...
プロ野球の試合時間は必ず短縮できる : 東洋経済オンライン
1試合平均「3時間17分」は長すぎる| オリジナル - 東洋経済オンライン

確かに、取材していると、高校野球<大学野球<プロ野球と、
だんだん長くなると感じますね。
以上

記事本文: プロ野球の試合時間は必ず短縮できる | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事