鉄道断念、長万部―小樽間「並行在来線」の現状は? | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(14)

鉄道の存続について町長にも直談判したが「『道庁から示された地元負担額はどうしても出せる金額ではない』とけんもほろろだった」と道庁への不信感をあらわにする。
函館本線の函館から小樽までは、JR東日本に移管できないのだろうか?
「並行在来線」の定義からは外れるし、沿線の魅力を活かした観光列車を運行する体力はJR北海道よりあるでしょう。
上野発で山線経由小樽行きのカシオペア紀行とか、アイディア次第で活かし方はあるはず。
北海道……そのうち札幌圏以外本当に鉄路なくなるんじゃね? JRはそれなりだけれども…
新幹線第一。

並行在来線はなんか無視。

のどかな景色や、列車や駅での客とのわずかな時間の交流は、お偉いさんには、関係ないって言うのかなぁ。
この記事がどの程度の信憑性なのかは分からんけど、平行在来線の議論に関して北海道の動きはなんかおかしいとは思うぬ。
山線区間だけならいざ知らず、貨物幹線の長万部以南も廃止とかはどう見てもおかしいし。

___
なるほど、こうやって「世論」を形成するんですね(曲解)
二項対立の議題において一方の意見のみをクローズアップし、またそれ「だけ」が「正しい」意見であることを(あらゆる手法を用いて)喧伝していた良記事かと。
やはり怪文書はホンモノにしか書けない。
……>議会などでどんなに反対意見を述べたとしても道庁が描いた枠組みからはみ出すことは一切許されない。<……ん?てことは、存続可能な道はあるということになる。
札幌Dの件といい、北海道はみんなそうなのか?
鉄道存続に不利なデータだけ示して廃線か財政破綻かを迫る道と国土交通省。

北海道は札幌都市圏以外、鉄道が存在しちゃいけないのか?

| 社会をよくする経済ニュース
「新幹線が出来るのに観光列車が走らないのか」
昔はC62ニセコ号とかスキー客のリゾート列車を走らせたりしたけど…。
「札幌市の60代男性:北海道知事の鈴木直道が北海道を破壊するのではないか。市長時代に攻めの廃線を行った夕張市では、市所有ホテルやスキー場が中国系ペーパーカンパニーに格安売却され、倒産。夕張市の経済は崩壊し街の荒廃が進んでいる」美名の影に強引さへの不安感
【鉄道断念、長万部―小樽間「並行在来線」の現状は?】廃線特需か、列車の中もホーム上も大混雑


長万部―小樽間は北海道新幹線の並行在来線ですが、利用者が少ないことを理由に廃止されることが濃厚です。現状はどうなっているのか。実際に乗車して取材しました。
鉄道断念、長万部―小樽間「並行在来線」の現状は?廃線特需か、列車の中もホーム上も大混雑|ローカ... - 東洋経済(9/7 4:30)
廃線特需か、列車の中もホーム上も大混雑 | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン
以上
 
PR
PR