リンガーハットは、なぜ「復活」できたのか | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

九州発祥の麺料理「長崎ちゃんぽん」「皿うどん」をメインメニューとする外食チェーン「長崎ちゃんぽんリンガーハット」が、かつての勢いを取り戻しつつある。消費増税の波を乗り越え、2015年1月までのリンガー...

ツイッターのコメント(57)

調理の自動化。
新人が一週間でプロ

人件費を減らす。
調理場に必ずくる。
いつか人が作っていない料理を
食べる時が来ている。
国産野菜にこだわったのは大きかった!
なんか凄いな!(^^♪何気にリンガーハットは東証一部上場だしな!(o^^o) | 経済ニュースの新基準
オペレーションの改善によるサービスの向上とコストダウンが効いてたのでは?
この記事には「八木氏は新社長に就任するやいなや、経営改革と称して断行したのがオール電化調理システムの導入」と批判的に書いているが、業績が回復した現在でもこれが重要な武器になっていることは今年の書かれた記事にも明記されている。
値段上げたけど国産にしたよ。ってので成功した(?)パターン /
この前、五色湯の前に久しぶりに行ったけど。野菜が美味しいとは感じひんかった。美味しいちゃんぽんを食べられる普通の食堂も少なくなってきた感じがする。⇒
 
PR