成績トップ5%社員が絶対にやらない「ムダ」業務 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(11)

時間に余裕をつくって心を落ち着かせるのではなく、まず心に余裕をつくって、無駄なエネルギーを使わないようにする。

僕にとっては毎朝のジョグがこれに当たるかな。

10 km走るエネルギーは1日トータルで見たら「無駄なエネルギー」ではないはず
そもそもGoogleは、ユーザーに購買を促すための広告会社なので、巧みな視覚効果で検索ユーザーの目を誘導し、広告主の情報へと引きつけま…
>95%社員は自分が主役の「伝えるコミュニケーション」をしてしまいますが、5%社員は相手が主役の「伝わるコミュニケーション」をします。これは、相手に「情報(インフォメーション)」と「洞察(インサイト)」のどち...
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
時間も集中力も有限。ニュースサイトもSNSも時間泥棒になる、ちゃんと目的を持って有効に使う事が大切。 / (東洋経済オンライン)
時間に追われて仕事が立て込んでしまうのは、気持ちの余裕がないから。
相手が望んでいるのは情報ではなく洞察、わかる気がします。 / (東洋経済オンライン)
「マイナスのことを考えると、それだけで疲れたり、イライラしたりして無駄にエネルギーを使ってしまうと考えています。そこで5%社員は、まず心を整えます」

個人的にLINEニュースやSNSのトレンドは特に注意。気づいたら時間浪費&疲れだけ残る
この辺りの意識はしっかりしていきたい!
無駄を削りましょう♪
以上
 
PR
PR