「奨学金500万円」女性が早く返す為に選んだ仕事 | 奨学金借りたら人生こうなった | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(16)

僕はコレの逆で人生破綻してしまったよ。努力が後の人生をかえって悲惨にする事もある。
奨学金は借金。
利子3%となると、数百万円借りると返済年数によっては利子分で数十万円〜100万円以上になる。我が子には奨学金を借りさせず、僕自身が貯蓄して学費全額支払った
このタイトルには「ノーバン始球式」的な匂いを感じました。それは私の心が曇っているからでしょうか?
やっぱバリキャリ女って面倒くせー。
都内の一流国立大学一発合格した彼女でさえ
卒業後の返済地獄の恐怖に怯え金優先で
仕事を選ばねばならない日本

※特亜留学生優遇政策では
返還無用で1000万もの無償提供

この反日国政政党を選び続けているのは
我々国民だ
古過ぎる話で全く参考にならない
今から15年前で既に最大1.7%程度まで下がっている
貸与利率3.0%などバブル崩壊後の高金利時代の話であり、デフレ不況にならなかったのであれば十分低い
逆に言えば、今の超低金利は特に一流大学の学生にとって奨学金受給のチャンス時期だ
大学って職業選択のオプションを増やすために行くと思うのだが、借金するとお金になる仕事しか選べなくなる。
これから企業もジョブ型雇用にシフトしていくので、学歴よりも実務能力が問われる時代になるのでは。
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
若者の選択肢を狭めるような国家に未来はない。「貧乏する自由がある」などと嘯くクソがデカいツラしてられるようではな
これが貧困?恵まれている方かと、これを不幸様な表現としているのは欲が絡むのか、確かにメンタルで生活してたら確かに不幸だよな、分相応、大学は金持ちだけが行けるところと世の中常識だったら足を突っ込むこともなかったろうに、名称変えたら労学半生ローンと、
Title :
Source :東洋経済オンライン
Date :2022/06/01
金融リテラシーがなさすぎる
こんな記事でいいの?

奨学金と住宅ローンは一般人が極低金利で借りれる借金で、出来るだけゆっくり返すのが金融リテラシーを持つ人の常識。手元資金を一定額持ち、他借金をしない

「奨学金500万円」女性が早く返す為に選んだ仕事。
編集担当記事です。国立大・大学院進学で500万円の奨学金を借りた女性。取材中、口にされていた「貧困という悪魔が口を開けている」というフレーズが印象的で本文中にも使用させていただきました。「恵まれてる」と言うのは簡単ですがこれが今の日本の現実かもしれません。
記事更新されました。カップルカウンセリングというものがあるのですね。
「奨学金500万円」女性が早く返す為に選んだ仕事 すぐ隣には「貧困という悪魔」が口を開けている | 奨... (東洋経済)
以上
 
PR
PR