TOP > 政治・経済 > ゆるキャラは、地方創生に役立っているのか | 地方創生のリアル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ゆるキャラは、地方創生に役立っているのか | 地方創生のリアル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

はじめまして、木下斉(ひとし)です。今回から「リアルな地方創生」についての連載を開始することになりました。普段は全国各地の都市中心部で、不動産オーナー等と共に投資して共同出資会社を作り、地域活性化に…...

ツイッターのコメント(139)

皆で一気に参入
ガチで殴り合い
互いに憔悴
最後は尻すぼみ
不毛なる戦い
という言葉が響く。2014年時点ですらだよ?
2019年の今ならこういう記事もありそうだが5年前の記事、我らが「ひゃくまんさん」は無駄と言われたくないのだけど→
「経済効果」として発表される数値の怪しさ。/
安易なゆるキャライベントが嫌い。ゆるキャラ一匹につき、2人必要で、物販するなら更に人員が必要。その人件費の日当や交通費がペイできるほどの成果があるのかと思うとゾッとする。
“ | 新世代リーダーのためのビジネスサイト”
カシワニとかチーバくんのことか(汗
チーバくんはカバー地域広すぎ。
ゆるキャラの問題点を考える上で、以下の記事は是非とも読んでおいて欲しいところです(第9回の講義内容とも関係しています)。
とはゆえ、企業がやるのは勝手だけど、自治体がどこもうちも!とやったのは良かったのかNA(・・;)
どうして、要らないところばかりに金を使うかね〜(苦笑)
「1000億円超の経済効果」と謳われた、くまモンによる地域活性化。単にくまモンをつけた関連商品の売上高という。 / “ | 新世代リーダーのた…”
本当に地域活性化の役に立っているケースもあれば、記事通りのケースもあるから・・・。/
既に2014年から警鐘を鳴らしておられる…(-_-;
「自治体が取り組む地域活性化策は、大抵はその時に話題になっていることや、数字の根拠が必ずしもはっきりしないのに、一見大きな経済効果が示されるようなネタに、集中しがちです。」首長のせい?議会のせい?地元の名手のせい?
経済、もっと言えば金という視点からのこうした考察は必要だと思う。
なかのんピンバッヂがいきなり全戸配付された中之条町で、思わずこの記事を引き合いにだしたくなりました。
ゆるキャラグランプリへの投票依頼に熱が入りますね。

ゆるキャラは、地方創生に役立っているのか>
広告代理店が儲かるだけです→「ゆるキャラに自治体が税金を投入するのは、正しいことなのか」
| 新世代リーダーのためのビジネスサイト

地方自治体がやっているゆるちゃらは、ほんの一部を除いて何の役にも立っていないと俺は思っています。
ゆるキャラブームは震災以降厳しくなった広告代理店が焚き付けてるだけにしか思えない。
“新たなキャラクター商品による売上げが、別の商品の売上げを〔…〕”
自治体を擁護するわけじゃないけど、新たなコンセプトの商品が出てきて既存の市場を食うということを悪くとらえすぎと思うんですががが。
【プラスだけでなく、それらの関連商品に追いやられて売れなくなる商品も…別の商品の売上げを食っている】
経済効果問題はゆるキャラとかにも言える│
行政はキャラさんたちの善意を利用しているだけだと思う>
おいらのアイコンでもってこれを肯定するのも説得力に欠けるが、、、この意見、おいらの思っていることに近いです。 ;
そういえば昨日、ローカルゆるキャラの一角のふなっしーは完全に東京通勤圏内の船橋市から出たんだよなとか思って色々考えてた/ |
「地域活性化」という言葉は、葵の御門のように行政から有難がられるだけでなく、マスコミも絶対善として喜んで報道しちゃうんだよなぁ。/
新潟県もゆるキャラ乱立で、一体何がナニやら。 >
きょう講演を聞いた木下斉さん。講演でもネットでも、直球正論すぎてドキドキ。
「ゆるキャラ」からわかる教訓=『自治体が主導する地域活性化に期待することは、やめたほうがいい』
ゆるキャラは、地方創生に役立っているのか|
地方の疲弊の最大の原因は、東京一極集中に有り。これを見直さなければ意味が無い。
あとでよむー →
"「二番煎じ、三番煎じ」を争い、殴り合いを「税金」を使ってやるわけです。不毛としかいいようがありません"
「少なくとも、自治体が主導する地域活性化に期待することは、やめたほうがいいということなのです。地道に地域で民間が事業を積み上げていくことが、一番信用できる地域活性化であると思います」その通りだと思います。
本質を外すなよ! /
色々共感できる。ただし、くまモンは相当金かけてPRしたからこそのヒットですけど。
くまモンの経済効果何億円ってのも、かなりいい加減な計算方法で発表されてたのねw
ゆるキャラは沢山あるけど、商業的に成功してるのは、ひこにゃん くまモン ふなっしー位が現実だ。
税金を投入し追い求めても、運良く手にするものが所詮は一過性の人気。
もっと、木下さんは注目されるべき。何にでも税金ジャブジャブ~からの脱却できないのが地方。
ゆるキャラの話ではないけど、「地域活性化」という言葉の危なさを強く感じてる。⇒
ゆるキャラとご当地グルメは今や第二の公共事業。潮時です。>
“全国区で無駄な競争をするより、地元経済と向き合え” まさにその通り。/
もっと見る (残り約89件)
 

いま話題のニュース

PR