イモトのWiFi運営企業が「不妊治療」参入の大波紋 | 不妊治療は “ひとごと” ですか? | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(12)

日本も着床前診断が当たり前の選択肢になって欲しい。
着床すらしないのはへこむし、流産はとても悲しくて、時間も気力も奪われる😢
可能ならデータ開示してて、早く結果が出る方の病院を選びたい🏥
社長、頑張ってください。
イモトのWiFi・にしたんクリニックの会社が不妊治療に参入
・今年6月に新宿で不妊治療クリニックを開院し、5年で50院を計画
・日本で遅れている着床前診断を提供して染色体起因の流産を減らす
・武器のマーケティングと投資余力200億円の資金力で日本一を目指す
なんか うさん くさい です
文章読んで少しイメージ変わったかも

| 社会をよくする経済ニュース
エクスコムグローバルは不妊治療領域に。着床前診断含む自由診療から6月にスタート。
やはり倫理観が崩壊していないとビジネスでの成功は収められないらしい
「「イモトのWiFi」とPCR検査で有名な「にしたんクリニック」の共通点をご存じだろうか。実はこの2つは経営母体が同じ」
波風もたくさん立つと思うけど
ぜひイノベーションを起こして
突っ走って欲しいものです。

にしたんクリックへの華麗なる
ピボット力にも敬服してたし。

目標は出生児5万人増 | 不妊治療は “ひとごと” ですか?
「いちばんは結果を出すこと。結果が出なければ僕らが泣けばいい。自分たちが不妊治療をやることによって、患者さんの選択肢を増やしたい。」

なんだか泣けてきてしまった。
うっわ…
にしにしたんたん🎶のノリでCMやられたら発狂するかも。
以上
 
PR
PR