堀江貴文氏が語る、「生きるのに必要なこと」 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――瀬戸内寂聴さんとの共著本の中で印象的だったのが、「死にたいと思ったことがない」とおっしゃっている箇所でした。たとえば仕事に命やプライドを懸けている人は、それが思いどおりにならないと強烈にへこむこ…

ツイッターのコメント(74)

シンプルイズベストですね。荷物も気持ちも軽い方が良い!

@Leayrkb @takapon_jp 「僕が「家もプライドも要らない」と思うワケ」堀江貴文氏が語る、「生きるのに必要なこと」堀江さん:今を一生懸命生きるっていうスタンスです
@zinzi_tenmei @takapon_jp 今を一生懸命生きる「僕が「家もプライドも要らない」と思うワケ」堀江貴文氏が語る、「生きるのに必要なこと」堀江さん:僕は未来なんか見てないですね。今を一生懸命生きるっていうスタンスです
歳とってから、プライドはなくなった。ラクになった。挑戦することにもハードルを感じなくなる。失敗すれば恥ずかしい=プライドが傷つくことがないから。
これはなかなかいい。

へこむって時間がもったいないよね。
| オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト こいつへのインタビューは需要あるのかね?
 
PR
PR