人手不足だけど「50代は削減」日本企業のジレンマ | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(15)

今50代、将来50代、昔50代の方の独立・起業・開業に関するお悩み・お困り事を解決するお手伝い、サポートをする会社です

50代からの起業ステーション「スタート・デザイン」
終身雇用を理由に若い時は安く使われて50代でリストラのパターンは辛い。切実な問題だな。。
少子化の影響から生産年齢人口が高齢化し、年金受給は繰下げられ、老いても死ぬまで働けと国はいうくせに、企業は50歳以上は使い物にならないと切り捨てる。こんな悲惨な話ある?
年齢差別や定年なと海外では違法行為!年功序列の感覚を捨て実力で報酬を決めると全て解決、というか日本式を止めれば良いだけ

(こんな記事アメリカ人が読んだらビックリする)
結局のところ、賃金体系を刷新しないと成り立たない次元にはなってきているんだよね。若手を取るにしても、もう普通の給与じゃ来てくれない。40代、50代はどうやって自分の給与所得以外からも資産を得ていくか、考えないといけない。
早期退職を募集しながら、人手不足だからと同時に若手の新規採用を意欲的に行う企業。高城幸司さんのコラム。  モデル賃金の設定で50代の報酬が報酬が高止まりしていることが要因の1つ。
50代は即戦力なんだから、それなりの待遇ができるのでは?

| 東洋経済オンライン
人手不足だけど。頭の硬くなった50代以上はいらない。悲惨!!
深刻な人手不足に陥る日本企業 50代以上の人材の配置転換がカギ
✅使い勝手が悪い
✅50代リーマン

✅成果を出すことに
✅価値を見出せないと
✅ダメです
どこの会社でも人材は全社まんべんなく人手不足というわけではなく、余剰な人を抱える部署や年代層が存在しているもの。その典型が50代超の人材かもしれません。
配置転換で手取り足取り50代に教えて定着させるようにするって、そこまでする必要あるんかって個人的には思う。世の中、案外代わりが効く仕事が大半だと思ってる。

| 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン
深刻な人手不足に陥る日本企業 50代以上の人材の配置転換がカギ
「問題となるモデル賃金を廃して、能力や成果に応じた報酬テーブルでリセットする」
いわゆる〝ジョブ型〟と呼ばれる報酬制度に変えていかなければ、企業そのものが存続できなくなるほど逼迫している
45歳定年制度も「あり」な時代が来るかもしれませんね
追い出しといて「知見が足りねぇ」バカなの?
人手不足だけど「50代は削減」日本企業のジレンマ | 高城幸... (東洋経済)
以上
 
PR
PR