「1日3食」食べる人に密かに迫る老化のリスク | 健康 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(43)

「1日3食」食べる人に密かに迫る老化リスク 健康的に年齢を重ねる為に今すぐできる事
- 東洋経済オンライン 、支障なし。私は空腹時食べるを15年来実施。増々元気でやりたい事を片っ端から挑戦中。極楽じゃ。
またこういういい加減な記事をよく出せるよな。

長生きする人、衰えない人、認知症にらならい人。私は最近それは持って生まれた素質だと感じてる。

持ってない人間がなにをどうあがいても多少前後させるたけに過ぎない。
最近目に付く、「現代人は一日3食は必要ない」といった記事。
デスクワーク中心なら絶対みたい。
アタクシなど通勤もしませんし。
またこういうバカみたいな記事
ここ十数年前から実践している事
食事は
お腹が空いたら摂取を基本に❣

食事回数は 昼と夜の2回
後は
起床後の飲み物
・自家製栽培の 黒豆の煮汁or玉葱の皮茶

10時のおやつに
・自家製ヨーグルト&豆乳&果物or自家製果汁液

がメインの食生活かな
そうそう、1日3食は多すぎるし内臓にも負担かかるし老化するよー!いい記事書くやん!

って思って読み進めてたら、なんや薬で健康を買う話かい。

フックにしっかり釣られたわ🎣
江戸時代は2食が普通、平均寿命50歳?
食っても、食わなくても、老化はする😎😎アホな記事😎
「食事量を減らしてサーチュイン遺伝子で老化を防ぐ」話はよく聞くのですが、栄養素を欠かすデメリットの方が大きいと思うのは私だけでしょうか?
本文中にあるエクササイズにしても、それこそタンパク質が足りていなければ筋肉になりません
- 東洋経済オンライン 不老不死の薬やONE PIECEのモドモドの実みたいなのがあれば…。
ふつうの人は「1日3食」食べた方が良い、ということですね




「空腹→血糖値スパイク→動脈硬化→生活習慣病」まで読んだ
 
PR
PR