半導体メーカーTSMCが日本に工場を設置する理由 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(14)

//…東京エレクトロン前社長…「日本半導体産業の長老」とも呼べる人物…「日本で先端ロジック半導体に関する基盤は失われている。製造プロセスやそれを支える人材、開発エンジニアが欠かせない。10年はかかるイメージで戦略を組みながら前工程を強化していく展望に
現在世界的な半導体不足、円安になった今だからこそ、輸出産業を国家レベルでテコ入れスべき時期とも言える。そこに棚ぼたで海外企業が来てくれた。
半導体産業に必要なものと言えば、人・水・電力・・・なのに、政府方針は「節電しましょう」・・・
TSMCのシャトルで思い出されるのは、TSMCの熊本誘致に一役買ったと言われる東大d.labとTSMCのコラボ。先端ノードのシャトルを優先的に使えると一体どんな成果が?と思って2年以上ウォッチしてるけど、ISSCC2022には東大の名前は皆無。
東洋経済オンラインさんで翻訳したTSMC関連の記事 (原文は台湾の経済誌「今周刊」

台湾ではこう報じられてますよという例 

読んでいて面白かったニュースです
> 日本の強みは「前工程」と「後工程」に分けられる製造プロセスのうち、パッケージング等の「後工程」

なんぼ3nmや5nmのウエハを作っても後工程が無ければ製品として成立しない。
因みに中国は微細加工競争から離脱してパワー系に移行している
「日本で先端ロジック半導体に関する基盤は失われている」ははは。
半導体の受託生産で世界最大手のTSMCは、かねてより報じられていた日本への半導体製造工場の建設について、ついにその方針を明らかにした。
自民党政権がTSMCの誘致に成功した背景には、2年前に発表された同社と東京大学の共同研究に端を発する協力関係があったことが大きい。

| - 東洋経済オンライン
日本政府が4000億円も補助するの?
まじ?
だったら前工程、後工程かかわらず半導体材料から製造装置、検査装置、全てオールジャパンで行けるんだから日本政府がJSMCを作った方がいいんじゃない?あっ、ASMLは必要かも。
この動きが日本の産業を支える第一歩になるかもしれんな。
熊本は東京エレクトロンもあったはず。
熊本に8000億円規模の工場建設、水面下で進められた日... (東洋経済)
以上
 
PR
PR