GLAY・TERUがコロナ禍に直面した「逆風と希望」 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(11)

2021.10.05💙TERU
東洋経済ONLINE『GLAY・TERUがコロナ禍に直面した「逆風と希望」』
♪「ハイトーンでずっと歌っている小田和正さん。まさしく俺の目指すところなんです。あそこまで透き通った声で、長く現役で歌っていられるようになりたい。あの背中はすごく大きいですね」♪
おそらく、コロナがなくても起こっていたことが、クリアに見えるようにされてしまったこと。エンターテイメント業界(メジャー、マイナー含め)のこの20余年のことが書かれているように思う
2005年に独立したときはテレビに出なくていわゆる"干された"状況にも見えたけど、15年後には自分達のやりたいように出来る環境を得ることが出来てるわけで、やはり長い目で考えるって大事だなあと。
「誰にも負けない何かひとつほしいなと思っていて。サザンの茅ヶ崎とか素敵だな、GLAYも函館でずっと歌を歌っていくのがいいな」
TERU痩せたなぁ
がんばればまだまだ渋くいれるんで継続してください

| 社会をよくする経済ニュース
全文読めるの有難い🙏UNITEについても載っていますね( ; ; )
GLAY・TERUがコロナ禍に直面した「逆風と希望」 理想のアーティストに「小田和正」を挙げた理由 | 映... (東洋経済)
最近のGLAY知らない人も居ると思うけど未だに進化し続けてるんだぜ。

アメリカ移住の夢が函館移住に変わりつつあるのもGLAYの影響。笑
理想のアーティストに「小田和正」を挙げた理由|東洋経済オンライン「誰にも負けない何かひとつほしいなと思っていて。サザンの茅ヶ崎とか素敵だな、GLAYも函館でずっと歌を歌っていくのがいいな」(TERUさん)
以上
 
PR
PR