世界のバブル崩壊がついに始まったと言える理由 | 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

ツイッターのコメント(47)

さて、今改めて中国恒大問題で、「世界のバブル崩壊がついに始まった」と主張していた東洋経済の記事を読んでみよう。

デマを書いて書きっぱなし。

不安を煽るだけ煽って、一切責任も取らない。

これが日本のマスコミのレベルである。
2021/09/25
恒大集団の破綻懸念
”リーマンショックのような世界金融システムへのリスクはない”
”ここで、バブルはいきなりは崩壊しないが、世界株式バブルの崩壊の第一歩はついに始まった”
”なぜ、バブル大崩壊の一歩なのか?”
それは、今回、株価が反転したから
「銀行セクターが比較的頑健で世界的な銀行危機にはならないが(何年かのうちに)バブルはさらにふくらみ、しわ寄せが(弱い国の弱いセクター)政府や中央銀行に押し寄せ、リーマンショックより遥かに大きなバブル崩壊になると予想」
金利上昇、通貨安の引締め効果、予算緊縮
小幡 績さん
株価が下がると出てくる暴落論者?
小幡 績(慶應(院))、聞いたことある?東洋経済オンライン「世界のバブル崩壊がついに始まったと言える理由恒大集団をネタにした下落に隠されている真実」。この人何年も前から暴落だと。こういう人は自分のポートフォリオ開示してほしいね!
恒大集団をネタにした下落に隠されている真実
新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場

恒大集団の破綻懸念とは?
中国の不動産市場は明らかなバブル、それも相当のバブル

その事実を世界中の投資家は知ってるという事
今がバブルなのかもよくわからないし、今後崩壊するのかもよくわからない経済素人なので、淡々と積立投資する予定です。
ってか、初期手数料は今日払った方がよっぽど安かったなw
恒大リスクのせいで仮想通貨は下降トレンド。じわ下げは暴落よりキツイ。
世界バブル崩壊が来るっていうなら、始めの一歩で満足しないで粛々と準備しないと。
バブル崩壊を煽る報道が増えてきた気がしますが過度に信じる必要はないと思います。ただ、コロナショックも下げから一旦戻して、その後暴落となった経緯もありますので分散投資するなどヘッジするのが良いかと。
納得性のあるストーリーだと思った。エバーグランデとFOMC絡みの株価の変動、そこから想像されるマーケットの心理。…納得性が有りすぎて、かえって疑いたくなるくらい。
唐突に競馬予想が始まるの面白い。板橋競馬倶楽部に誘いたい

恒大集団をネタにした下落に隠されている真実 | 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 - 東洋経済オンライン
本文より「きっかけのニュース、号砲がなったら、とりあえず売る。これはバブルの後半の後半にしか見られない現象」
なるほど・・・。

恒大集団をネタにした下落に隠されている真実」
東洋経済
 
PR
PR