意味がないのに横行しているムダな仕事トップ3 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

以前、僕の友人がこんな話をしてくれました。ある日、都内に大雪が降って会社に遅刻してしまったそうです。前日から雪の予報だったので30分以上早く家を出たものの、案の定どこもかしこも混雑していて、結局、彼は...

ツイッターのコメント(465)

プレゼンの神が挙げるムダな仕事トップ3
1つ目:毎日9時に出勤する
⇒わかるうぅぅぅぅぅ!!!!
経営者共は一読しとけ
1.毎朝9時に出社する
2.報告連絡ばかりの会議をしている
3.毎日会社に行く

どれも普通にやっていることだか、仕事は生産性をあげることという意識でみると必要ないかも。

これまでの常識を疑い、自分で考えることが大事。
慣れ過ぎて当たり前だとさえ思わない毎日のルーティン化した業務の中には視点を変えればムダが沢山あるよね

先輩たちに言われるがまま代々続いてきた仕事には特に多いかと、、、
| 社会をよくする経済ニュース
3つのうち2つが出勤について。
・9時に出社すること
・毎日出社すること
出社しなくても仕事はできるし、フルリモで転職すらできる時代になった。
効率化が叫ばれて久しいが、どんどん生きづらくなりますねw

今はムダを省いても成りたってない事の方が問題。
弊社はとても愚かなので去年3月には部門別時差出勤できてたのにも今は関わらず8時だョ!全員集合してます💢💢😡😡😡💢
これはシェアしたい。読めばわかる資料を読んでるだけの会議こそ働き方改革と真逆のことをしてると思う。会議ってそもそも「共有事項」を述べる場ではないよね。話し合う場だよね。そしてペーパーレス化が当たり前になるといい。紙の資料はいらない。
日本人の欠点ばかりを論ってる記事だけど、確かに思考停止は危険以外の何物でもない。それと、現場で頭数が揃わないと成立しない職種もあるってことを忘れないでほしいね(元販売職より)。
 

 
PR