TOP > 政治・経済 > 世界保健機関新型コロナ空気感染の可能性認める | ブルームバーグ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

世界保健機関新型コロナ空気感染の可能性認める | ブルームバーグ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナウイルスの空気感染の可能性を多くの研究者は1年余りにわたって論じてきたが、世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)などの保健当局もそうした可能性を受け入れ始めている。姿勢の変化は...

ツイッターのコメント(11)

対策の決め手は建物の喚起システムの改善 | ブルームバーグ - 東洋経済オンライン
今頃…?
目に見える唾液の飛沫など大きな粒子は急速に落下し、地面や付近の表面に付着するが、最も小さく肉眼では見えないエアロゾル粒子は湿度や気温、気流次第でさらに遠くに運ばれ、より長く空中にとどまる可能性がある。問題になっているのはこのエアロゾル粒子だ。
。会食に行かない、マスク、手洗いをしっかりしてる人達の感染例が有る、今更だ‼️
N95ちょーだいね😇😇😇リカ
はいはいわかってました。
これこそ瑠麗にとどめの一撃です。
マスク、コロナには意味ないです(何度も言いますが)
あれだけ、飛沫飛沫言ってて…
また、空氣感染🙄
もう、いい加減にして🤦🏻‍♀️

対策の決め手は建物の喚起システムの改善
むしろWHOとCDCがトップクラスにうさんくさい。
ん(^ν^)
無理ゲーの可能性微レ存

通勤と帰宅の電車空いてくれw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR