TOP > 政治・経済 > 日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃 | 電動化 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃 | 電動化 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

4月、佐川急便の発表が自動車業界に激震を与えた――。同社は保有するすべての配送用軽自動車(7200台)を、EV(電気自動車)に入れ替える方針を示した。多くの業界関係者が驚いたのが、そのEVをベンチャー...

ツイッターのコメント(28)

どの企業でも作れるんだよ・・・電気自動車・・・
佐川さん、応援します。
宅配でさんざん使って、いけると思ったら、一般にも是非市販してください。

顔色をうかがう既存の自動車メーカーさん、のんびりしてはいられません。

東洋経済オンライン: 日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃.
佐川 業務用EV採用にゃ🙀
EVバスが燃えているニュース見た。これは発火しないの?日本も暑い日が続くことあるよ。
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
佐川さん凄いわ〜

乗ってみたいわ〜
日本初、「工場を持たない」日本のベンチャー企業が開発した佐川急便の配送用EV軽バン7200台

中国企業のEVを購入した訳では無い事実。

Apple社も自社工場を持たない『ファブレスメーカー』ですね。
iPhoneは中国か韓国製である事実。
「(前略)多くの業界関係者が驚いたのが、そのEVをベンチャー企業が設計し、中国の五菱汽車が製造を受託するという点だ」

今小型EVを作るならプラットフォーム調達から部品供給の利便性・価格まで含め中国製になるのは自然だ。
むやみに煽るのはやめようよー ┐(´д`)┌
工場を持たずに販売は中々斬新. 今後,自動車はデジタルガジェットの様になる.
工場自慢ばかりしてるトヨタもいつまでそんなこといってられるやら
遅かれ早かれ電動化で車もスマホのような生産形態(設計デザインと生産は別企業)が増えて行くと予測されてるのでそこまでの衝撃はないけど、とうとう来たなと...
真夏や真冬も1日充電もつのかな?

充電スタンドなどのインフラ費用や、日本の発電所の発電能力でEV化は可能なんでしょうか?
日本の自動車メーカーは遅れをとったか、
佐川急便が配送用軽自動車をEVに総入れ替えするとのこと。
車両はベンチャー企業のASFとファブレスで設計し、製造は中国企業に委託するようです。
先進的な取り組み、応援したいと思います。
中野 大樹 : 東洋経済 記者 – 東洋経済オンライン 2021/05/17 5:00
まぁ、佐川さん自前でギャラクシーモーター持ってるからなぁ…
これ普通に市販してくれんかな?
「コスパ最強」を見せつけるか「安かろう悪かろう」に落ち着いてしまうか。
変な形のヘッドライトさえ何とかしてくれれば食指が動くのだが!
チャイナがまともな国なら合理的なビジネスと言えますが…佐川の顧客情報、配送情報は向こうにダダ漏れでしょうね。秘匿性の高い案件では佐川急便は利用しない方が安全でしょう。安全安心と引き換えに安いビジネスが成立すると考えるべきです。
この車いいなー
電気、水道他の工事の人も欲しいんじゃない?
夏場は大きめのドリンクホルダーありがたいし、助手席は幅せまくても問題ない、パソコンが置ける台なんて発想なかったけどそんなの絶対あってほしいもの
『ベンチャー企業が設計し、中国の五菱汽車が製造を受託』
【くま】みなさまだいすきなごうりせいついきゅうのけっか…
変革が起きてることが分かる一つの出来事 →
「配送車の状況をデジタルで管理できるような端末を標準搭載する予定」

情報端末も新規に搭載されるのか。

だとしたら、その開発や保守も含めて、宅配利用者が安心できる状況なのか、しっかり情報発信してほしい。
LINEみたいな海外委託するなら、宅配も利用したくない。
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃 | 電... (東洋経済)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR