TOP > 政治・経済 > 「企業がケチになった」から日本経済は衰退した | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「企業がケチになった」から日本経済は衰退した | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

先日、オックスフォード大学時代に日本経済を教えていただいた恩師と、現在の日本経済の問題点について意見交換をしました。先生は、今の日本経済のデフレは、(1)明らかに金融政策の問題ではない、(2)需要側だ...

ツイッターのコメント(113)

薄々感じてはいたよ(経済の規模の割には給料水準低すぎるもの)( ̄д ̄)www
もう一つの企業がお金を貯めこむ原因は貯め込んでも減税のフリーハンドの法人減税。
自民・二階幹事長 やる気ゼロ
もう一つの企業がお金を貯めこむ原因は貯め込んでも減税のフリーハンドの法人減税
自民離れ 自民全敗 世界の流れと逆走
「日本経済の最大の問題は、企業の緊縮戦略にある」

労働者の賃金を下げるだけで、投資も増やさず、配当も控え、浮いたお金を内部留保金としてためこんでいる。日本で内需が足りていないのは、消費にまわるべき個人のお金を企業が吸い上げて、貯金していることが原因。
給料も上げず、投資も増やさず……企業が内部留保をため込んでいることが、大きな足かせとなっています。
若者の所得は減るが、高齢者に移転して高齢者が消費するので問題ナシ!(経済的には)って地獄みたいなこと書いてあって草
もう一つの企業がお金を貯めこむ原因は貯め込んでも減税のフリーハンドの法人減税。
消費税ゼロと現金給付 日額20万円
『諸外国の企業の投資の主流がICTや社員教育に移行する一方で、日本はこの2つの分野に十分な投資を行っていないことが、海外とのギャップができている大きな理由』
デジタルが重要と口では言いながらその分野へちゃんと投資してない企業が多いってこと。
アトキンソン、批判もあるだろうが、この記事ではマトモなこと言ってる。
政治がザルなのもあるけど、企業が投資しなかったり人件費削ったりしてるのも低成長の大きな要因。結局投資しないからコスト削るしかないし、コスト削るとなると人件費っていう悪循環なんよなぁ。
色んな意見があるとは思いますが、示されているデータは知っておくべきものかなと思います。
居酒屋で話してそうな結論の付け方。こんなのに騙されてはいけません。
菅総理ブレイン
「緊縮財政や消費税の引き上げは、経済に対して短期的な悪影響を及ぼしたのは確かですが、もともとあった問題を悪化させているだけの「副因」であって、経済低迷の主因ではない

↑消費税と緊縮が悪いということですね☺️
またまたポンコツな事言ってるぞ
"緊縮財政や消費税の引き上げは、経済に対して短期的な悪影響を及ぼしたのは確かですが、...「副因」であって、経済低迷の主因ではないことになります。

日本で賃金が上がらないのは、労働分配率の低下と企業投資の減少に最大の原因があります。"
知ってた。

企業は溜め込みすぎ

そのくせ法人税下げろってんだから、そりゃ麻生太郎も怒る
では何故企業は "ケチ" になったのか?

昭和の 他マスゴミが
"安い物があれば隣町まで買いに行く主婦" を
"賢母"等と持て囃し、

目先の利益のみに囚われる愚者を増殖させた。

其れ等に育てられた多くの子供が、後に
"全てに於いて" 同様の行動を取った為だ#
個人的には、バブル後に接待に関する規制が強くなったことが影響していると思います。
企業が行っていた消費の損失による影響は大きい。

デフレや消費税は「副次的な要因」にすぎない」
東洋経済
この腐れ外道が何を言うか⁉️
日本からこいつを追い出せ❗️
お前のせいで日本が解体されてるんだろ❗️
尊皇攘夷❗️
違いますよね?株主が配当金の為に投資をさせなかったのとデフレが原因ですよね?簡単な話では?
この頃東洋経済さん攻めるね。
って多分自社に火が付きだしたんだろうなと。
購買層減らす努力をガンガンやってたの気付いたのかな?
「企業がケチになった」から は衰退した
デフレや は「副次的な要因」にすぎない
2021/04/21 7:00
生産性は物が売れてなんぼなので、生産性上がる=物が売れる。
企業は利益が出ているハズ。
しかし、価格が安すぎる為、利益幅が小さい。
そして、高齢者が購入する物は企業が投資の要らないもの。
故に若者所得を増やすのが一番。
見出しはその通りなのだが、中味はちょっと間違っていると思う。正確には「企業がケチすると得になるような社会制度を作った」のが衰退の真因。その制度の中には消費税も含まれるので、決して消費税は副次的なものではない。
内部留保は現金化可能な資産もすべて含めて記載するので「銀行とかにお金を預ける」という行為が全くアテになんないっていう文章に読める……
絶対に緊縮財政をやめさせてなるものかという強い意志を感じる。
はじめに結論ありきで書いてるから、こんなわけわからん内容になるんだろうな。
|
"日本企業が緊縮戦略をとっている主因は、日本政府の緊縮財政でもデフレでもありません。となると、緊縮財政は経済低迷の主因でないので、緊縮財政を止めれば経済が本格的に回復する、とはかぎらないのです。"

株主権利の過剰な尊重が根本原因やろうなぁ…
ですよねー
やっぱそうだよね。
相変わらず、総じて意味不明。
冒頭から笑わせる。
「需給が崩れている根本的な理由は一般に言われているような「個人消費の低迷」ではありません。結論を先に言うと、内需が足りていないのは「企業の投資需要が低下しているから」です。」
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
菅総理の経済ブレーンのアトキンソンさん。相変わらずふざけたことを仰ってます。通貨発行権を持たない家計や企業が不景気やデフレによって節約思考に至るのは当たり前。デフレ、不景気を許容してる政府の失策ですねぇ。
「企業の緊縮戦略」とは、
日本企業が労働者の賃金を下げるだけで、投資も増やさず、配当も控え、浮いたお金を内部留保金としてためこんでいる。
つまり、日本で内需が足りていないのは、消費にまわるべき個人のお金を企業が吸い上げて、貯金していることが原因なのです。
あとでよむ
さすがはアトキンソン社長です。日本では政府支出を増やすより、企業支出を増やす方が、はるかに効果的です。ゼロ金利、マイナス金利にも関わらず、企業の設備投資が増えない状況は「病んで」います。
会社が潰れた所で、皆がすぐ同給料・同ポジションで転職できる社会なら良いが、日本は違うから仕方ない。

失敗したら終わるのならば、リスクを取って大きく儲ける事など、絶対にしてはいけない。

着実に小さく儲け続けて、イザという時の為に金を貯め込むケチが正解😃
リーマンショックのせいで内部留保溜め込むようになったのでは?
少々の不景気では潰れないように。
やはり経済紙として終わっている東洋経済…。日本の経済紙は壊滅知識不足を露呈していますな…。┐(-。ー;)┌
こういうの読むとDQN団体はとにかく壮絶にセコく卑しく、そういうところでイキるのはほんと男の代用品とか整形させ放題の外国人売春婦とかで、「文化」を外部に求めたところで根本に横領しか無いのだと思う 日建も大平技研もさっさと支払って下さいませ。
こいつの戦後復興分析は興味深かったが、中小企業半減論はクソくらえである。
逆でんねん!!!!!😾

こんな人が政府の経済ブレーンみたいなことしてたら、日本は余計に干上がってまう。
この辺と合わせて考えるとMMT論者の中でも、企業でなく個人を救済するため個人に直接届く形の給付制度を主張する人が自分的には一番納得して支持できるかな
政府支出を増やしても企業は内部留保を増やすだけらしい。
給付金配っても貯蓄に回って意味がないって言った麻生太郎と言い訳同じで草。
企業がケチになった、、、
それは、日本人を理解できていない証である。

日本は、災害の多い国である。
有事に備えるのが日本人である。個人が貯蓄性向が高いのと同じである。

結果として永続企業が多く誇れる日本なのだ。
もっと見る (残り約63件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR