TOP > 政治・経済 > 10年前の「反復」がもたらした日本のコロナ危機 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

10年前の「反復」がもたらした日本のコロナ危機 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本書が店頭に並ぶ頃、あの3.11からちょうど10回目の春を私たちは迎える。この10年は、私個人にとっても、日本という国にとっても激動の歳月であった。本来政治思想史の研究者である私は、3.11をきっかけ...

ツイッターのコメント(17)

敗戦を否定
原発事故を否定
PCR検査を否定
次は何だ?
「根拠なき楽観主義による事態の過小評価」は日本の宿痾なのか。危機を適切に認知できない人々には責任感もモラルもない。ただひたすら空っぽである人たちからなる無責任体系集団が日本国の選良として君臨してきた。なぜ、日本はこんな国でしかないのか(東洋経済)。情け無い。
まさにその通り😔

戦後の発展の栄光の記憶を持ち出すことにより、
さらなる「否認」の泥沼のなかで人々を眠り込ませようとする一方で、
その内実はイベントにかこつけた「公金の分捕り合戦」にすぎない(記事)
こういう記事、原子力バカには永遠に届きませんね。
いやはや パヨクの頭って
危機を適切に認知できない人々には、同時に責任感もモラルもない。白井聡さんのコラム。  3.11が暴いたのは、「戦後日本はあの戦争への後悔と反省に立って築かれてきた」という公式史観の虚偽性だった。
「このままでは、近い将来、世界の多くの国と地域がコロナ危機から脱するなかで、日本は脱出できないという状況すら想定できる」

~ 同意が多すぎてスッキリした。必読。
10年前のアレ民主党政権だし、その後の国民の方向性変質させてるから反復とはいえないでしょ?国としての団結を崩し、外国勢力を引き入れ無能運動家を蔓延させて成果より害悪を撒き散らしている、結果論だけを語り強権を忌避して何になるの(強権と責任はセットだよ)
「根拠なき楽観主義による事態の過小評価」は、今も続いています。
日本が破滅するかどうかの瀬戸際に、東電幹部は「原子炉が使えなくなると我が社に何百億円も損が出る」の懸念、みたいな繰り返しだと。
かも😱
「敗戦、原発事故の無責任体質が引き起こすコロナ危機‼️」
“われわれは、あの10年前の破滅の淵から何も学ばなかったことの結果を引き受けさせられている” →
根拠なき楽観主義による事態の悪化じゃ?
繰り返す日本人の愚かさを的確に指摘している。
🔦

📝主権とはなにか、主権者とは何か、そして私たち日本人は本当に主権者たりえているのか。そのような…

【出所:東洋経済オンライン 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR