自動運転バスが“絵にかいた餅"で終わる理由 | 自動運転 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

自動運転は、乗用車や商用車を中心とした「オーナーカー」と、バスやタクシーなど公共性がある交通機関「サービスカー」という2つの領域で、日本を含めた世界の国や地域で、自動車メーカーや自動車部品メーカー、…

ツイッターのコメント(13)

認知科学のイロハも知らないのが、人工「知能」と言う文字だけ見て妄想しているのが自動運転車だ。少しでも脳味噌が有れば、使えるのは遊園地のような限定されたエリアで、時速20キロ程度がせいぜいだろうと分かる。違うと言うなら、事故時には無限責任を負うと表明してみろ。
📰。福井県で3月25日に日本初のレベル3無人自動運転サービスがスタートしましたがうまくいかないのでは?という記事だけど、この例だけで消極的になることも無いと思います。/
自動運転バスが“絵にかいた餅"で終わる理由。実用化現場で感じた普及の難しさ-
バン車で自家用有償旅客運送ということだけど、ドライバーの免許は普通二種?
へー、永平寺口駅から永平寺参道まで、かつての京福電鉄永平寺線の廃線跡で自動走行バスの実証実験やってるのか。
法要で行く機会に乗ってみよう
この手の議論って。

ドライバーがエンジニアに変わるだけなんですがそれは😇😇
〜で終わる理由ってタイトルの記事で理由を説明しないとか
桃田 健史 : ジャーナリスト – 東洋経済オンライン 2021/04/05 8:00
「自治体の財政状況によらず「どこで」「誰が」「いつ」「どのように利用し」「コスト管理をどうするのか」という出口戦略の詰めが甘いから」・
“自治体の財政状況によらず「どこで」「誰が」「いつ」「どのように利用し」「コスト管理をどうするのか」という出口戦略の詰めが甘い” →
(東洋経済)
🔦

📝自動運転は、乗用車や商用車を中心とした「オーナーカー」と、バスやタクシーなど公共性がある交通機関…

【出所:東洋経済オンライン 厳選】
以上
 
PR
PR