TOP > 政治・経済 > コロナ倒産「これから急増」という最悪シナリオ | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コロナ倒産「これから急増」という最悪シナリオ | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「当社の存亡に与えるリスクを勘案したとき、何らかのアライアンスが必要であると昨年9月ごろから感じていた」2月15日、ロイヤルホールディングス(HD)の菊地唯夫会長は、総合商社である双日との資本業務提携...

ツイッターのコメント(88)

倒産も急増
特に年度末前後は危険
一番の権限と予算をもつ
国が事業規模に応じ
業種も幅広に
補償しない
困っている国民に
直接届ける
予算規模が小さすぎる
最大の原因
税収権限に限りのある
自治体もこれで戦うには限度
母屋で「おかゆ」
離れで「すき焼き」
皆さん本日もお仕事お疲れ様でした!この1年コロナ危機に見舞われている中でコロナ倒産は全体的に増えていない。しかし、それは国の対策がある程度あったからであって今後コロナ倒産が急増する見込みであるとこの記事に書かれています。帰宅途中にぜひ読んでみて下さい😌
これは本当にそうだと思う。私も去年より今年の方がライターの仕事減ってる。昨年はなんとか持ちこたえてくれたものの長引くコロナ禍で息切れを始め、原稿依頼を削減せざるを得ない媒体がいくつも。→
アパレル、ディベロッパーも最終局面だからこそ、刺せるタイミングなのよね。
今は攻め時
コロナ前の推移も書かないと、不安を煽るだけの記事になっちゃうんじゃない?
と思うんですけどどうでしょうか。
/政府の経済見通し(実質4.0%・名目4.4%成長)を真に受けて予算編成している自治体がありませんように!その税収の見積もりは歳出予算のためにつくられた数字かもしれませんよ。
「コロナ融資はおよそ半年分の運転資金として執行されているため、多くの企業は昨年12月末で一巡している。経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出する」
取りあえず休職にも首切りが待つ。
収入が途絶え再就職も当面は難しくローンが払えなくなると・不良債権が激増。
各県の信用保証協会のデータを見れば一目瞭然です。

セーフティネット保証や県の独自制度などで、平年の数倍以上の新規融資が行われました。

銀行は特需に沸いてますが、返済の始まる2年後から大量の倒産で溢れ返る未来は容易に想像が付きます。
先日も言ったけど、ライブハウスがバタバタと潰れるのはこれからやで。
2021/03/08
野中 大樹 :
”コロナ倒産「これから急増」という最悪シナリオ”
コロナと金融危機、解決策はあるのでしょうか?
日本社会の安定力はいかほどか、いよい試される時がきました🐯

きょうもひたすら暴落に備えて手元に現金、備蓄にいそしんでいます
商業施設での空室が
徐々に目立ってきてる
この後オフィスビルでの
空室も増えてくるだろうし
中小企業を撫で切りにして
死骸にたかる食屍鬼のような連中に投げ与える政府・政権を根刮ぎ変えない限り
明日は我が身です。
食屍鬼の仲間でないならね。
新型コロナに立ち向かい、これからの環境変化を乗り切るビジネス継続戦略(BCS)の実践
"支援策がいつまでも続くわけではなく、追加で借りることができない企業も増えている"
"コロナ融資はおよそ半年分の運転資金として執行されているため、多くの企業は昨年12月末で一巡している。経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出する"
>自己資本比率も1年で30ポイント下がり19.7%まで低下していた。
やべぇ
倒産する会社が増加する可能性がある中で逆に出店して成果を出してる会社ってどんな所があるんだろう
そのあとはどうなるの?
「コロナ融資はおよそ半年分の運転資金として執行されているため、多くの企業は昨年12月末で一巡している。経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出する」
記事の通りの肌感覚。ファンド再建なんて、対象はそう多くはないだろうし。
確かに自分の仕事の仕事量が減ってきている

コロナ倒産も他人事ではなくなってきました。
コロナ倒産を危惧しています。
今回の借金って、企業にとっての多くが起業とは違った、後ろ向きの借金なんだよね。一時的には安心出来るかもしれないけど、結局は返さなきゃいけないお金

返済期間が始まる前に体制をプラスアルファで建て直さなきゃいけないからその計算が出来ない経営者は潰れるわな。
マクロで見れば人手不足なんだから少しくらい会社潰れても問題無いでしょう。問題なのは職種に拘り再就職しない労働者です
ぎゃあああ
コロナ融資を受けた企業はすでに返済が始まっているはず。去年は融資のおかげでキャッシュが厚くなった企業も今年はCFを回していく必要がある。
債務超過の企業が追加融資を受けるのは基本的にはかなり難しいことを考えると、今年は延命した企業の倒産が相次ぐのではないか。
>だが、支援策がいつまでも続くわけではなく、追加で借りることができない企業も増えている。
>経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出する」と分析する。

本当にこの通りで、"借金"で延命している状態なのですよね。
売上が戻らない限りいずれ破綻する。
>全国信用保証協会連合会によると、昨年12月末時点で累計184万件、32兆4564億円 こうした支援策により、企業が延命

だが、支援策がいつまでも続くわけではなく、追加で借りることができない企業も増えている
ロイヤルホストは生き残ってほしい。
規模の経済による消費者の恩恵は大きい。

中小零細企業と飲食店は、同業他社同士で経営統合すべきだろう。
上場企業ですらあやうくなってきた
把握しきれていないだけで、もうすでに相当数の会社やお店が潰れてる。
カラオケ屋、ケーキ屋、たこ焼き屋など、知ってるだけでも相当潰れてる。
借金ができてしまったから、コロナ関係なく本来潰れそうだった企業含めて延命措置となったことで逆に倒産減ってるっていう状況なんだね。
何も好転するわけじゃないし、返済の目処があるわけでもないから、今年以降返せずに倒れるのが明らかに増えるわけか。。
XKクラス 世界終焉シナリオ…
せやな。今日もテナントの原状回復工事の依頼があって、請け負ったよ。
ガースー「生活保護がある」

“帝国データバンクの赤間裕弥情報部長は「コロナ融資はおよそ半年分の運転資金として執行されているため、多くの企業は昨年12月末で一巡している。経済が回復しなければ債務超過に陥る企業が続出する”
最近こんなニュースばっかりだね。

2020年の企業倒産数は意外にも1990年以来の低水準だったが、それは持続化給付金や補助金で延命していたに過ぎず、打ち切られたとき倒産数が激増する、という記事。
いやほんまそう思うわ。今年がより顕著に影響でるよね。今年はうちも考えねば
経営破綻を肌で知っている。そのため運転資金や自己資本がいつまでもつのか、ロイヤルHDに残された時間を把握していたのだ。
個人経営はファッション、飲食はあと三年後で9割倒産らしいな。親戚も飲食を辞めたが、借金作る前に廃業を決断した。今後は運輸業で金貯めてコロナ終息の五年後目処に再開予定が飲食しかやって来なかったために就職がないとか。
日本政府の金のバラまきが終わればつらい時代に突入すると思ってる。
働き口がなくなるのは厳しい
なんか去年からずっと言い続けてね?。 経済誌が予想したより倒産が少なかったら困るみたい。
高齢労働者急増
も忘れずにね
会社が倒産しようが後は自己責任で済ませる日本社会

個人的には低賃金労働者を増やそうとしてるようにしか見えない

会社倒産→切られた人達が溢れる→入社出来る会社が少ない→所得少ないけどローン等返済をしなきゃ→派遣や期間工の仕事をする→派遣会社が儲かる
🚨5-6.7倒産!これから急増、最悪なシナリオ

このタグいいね‼️

日本でリアルに起きてる事!全てです💦🆘

お住まいは傾く沈没船と気付き💦リアルな行動していらしゃる方に
続きたいです🙌🏁(*ˊᵕˋ*)

ヤバイなんてもんじゃナイって🇯🇵💦🆘
見出しと中身が違うやつ。→ただ、企業倒産件数全体は意外に増えていない。2020年の倒産件数は2019年比7%減の7773件で、1990年以来の少なさだ。/
コロナ倒産「これから急増」?
急増ではないと思う。今はセーフティ資金借りて据置して色々やってる。返済始まってからジリジリ返せなくなって、リスケに次ぐリスケで、サブ銀行から手を引き、メイン銀行も諦めた所から徐々に倒産かな。はっきり言って銀行の引際も大事。
「コロナ倒産 最終局面 これから急増という最悪シナリオ」
国民の多数が緊急事態宣言延長を支持したのだから、いっそのこと全ての飲食店が潰れて焼野原になり、自分たちの愚かさを思い知るがいい。外資が底値で買い漁り、大儲けするだろう。
どこかの国のせいか分からないけど、こんな病原菌をばら撒いたバイオテロみたいな事で、一夜にして今までの社会秩序が変化しちゃったんだから、これから業態転換をする準備するか、もしくはもうしないといけない時期に来てるのでは!
もっと見る (残り約38件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR