TOP > 政治・経済 > 新型コロナ「武漢より前に世界拡散」の衝撃事実 | 新型コロナ、長期戦の混沌 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナ「武漢より前に世界拡散」の衝撃事実 | 新型コロナ、長期戦の混沌 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナウイルスが新種のウイルスであることを突き止めたのは、「武漢ウイルス研究所」です。では、このウイルスはいったいどこから武漢にやってきたのでしょうか。2019年暮れ、武漢市内の病院に入院した重症...

ツイッターのコメント(137)

武漢には変異型への警戒心があって最初の発見となった?。中国当局の情報隠ぺいの罪は更に重い。WHO事務局長の罪も。世界的な監視体制の見直しが必要。



>2021/03/04

*/*
新型コロナ「武漢より前に世界拡散」の衝撃事実|


ていう事はやはりもう「季節性」に変わってるという事か⁉
今のコロナ禍も「から騒ぎ」という事か⁉
要注意なのは確かだが「風邪を引かない」という程度でよいという事か⁉
〈ネアンデルタール人からこの遺伝子を受け継いだ人が新型コロナに感染すると、人工呼吸器が必要となる可能性が3倍高くなるというのです〉

随分壮大な話だ…
新・新型コロナウイルス起源説

2019年3月🇪🇸バルセロナ
2019年11月🇧🇷フロリアノポリス
2019年12月🇮🇹ミラノとトリノの下水から新型コロナウイルスやウイルスの痕跡検出🔬

なお2015年🇨🇳雲南省住民採取の血液から新型コロナ抗体発見

新型コロナは既に世界中にいたという事😎
やけにインフルエンザ患者が多いという異常事態を見過ごしてしまったと思われる、というのが今回の教訓なのかもしれない。
武漢より先にスペイン、ブラジルなどで新型コロナが広まっていたというデーターが出てきたようです
いかに・・・?
「約6万年前に交雑によって現生人類が受け継いだネアンデルタール人のある遺伝子が、新型コロナウイルスの重症化リスクを高めている」
興味深い記事
ウィルスの変異が速い
類似の報道は以前にもあったが「反中」感情ゆえに無視され、中国犯人説が常識になっている。
しかしこの記事によるとそれは間違いかも。
東アジアの感染が欧米に比べて少ない理由の「X」の存在があるのかな。
中国の感染爆発もあるのでこの辺りは今後の研究に期待したい。
なぜインフルエンザと診断されてしまったのか、というところにちょっとした闇があるような、ないような、そんな感想。
"Neanderthal人と現生人類とは...交雑できないとされてきました。しかし、PCR検査の発達により、彼らのDNAが現生人類に受け継がれていた事…"

influenzaの感染者に紛れていた可能性|新型コロナ、長期戦の混沌- 東洋経済on-line
バイデンさんの「ネアンデルタール人のような判断」発言はこの事だったんですね
ネアンデルタール人からの遺伝的遺産・
「新型コロナウイルス痕跡が、下水採取サンプルから検出:バルセロナ2019年3月、ブラジルフロリアノポリス11月、12月ミラノとトリノ
中国奥地で5年前住民健康診断での採取血液にコロナ感染の証拠あり
ネアンデルタール人から継承したある遺伝子の保有者と感染者数の相関性?
雲南省で2015年以前に自然発生していたかも知れないが「ピーターと狼」。中共政府の言うことを人は信じない。ネアンデルタール人の遺伝子で重症化か
"バルセロナでは2019年3月に採取した下水のサンプル、ブラジルのフロリアノポリスでも11月、イタリアでは12月にミラノとトリノの下水から検出されました。中国の奥地では、5年前に住民から採取した血液にコロナ感染の証拠"
これは、バルセロナの話なんかは今でも未査読プレプリのはず。高名な石さんの論とは思えない。これはいかんでしょう。 / (石弘之) 【東洋経済オンライン】
コロナウイルスの起源については、政治的思惑や偏見を捨て、公正に科学的な調査研究をし、コロナウイルス対策や感染防止に役立て下さい。
なるほど、興味深い。

ロシアじゃ生物兵器説が多数らしいけど、環境変化によるウイルスの突然変異がやはり有力なのかな。

つか、人類VSウイルスって、天然痘以外勝ってないんじゃ無かったっけ?😱😱😱😱😱
今回の流行の数年前には、すでに中国奥地で広まっていた。石弘之さんのコラム。  新型コロナウイルスの痕跡は、武漢の感染爆発の公式発表よりも数カ月前までたどれる。
コロナ三兄弟の由来、武漢以前のcovi19についての調査。中国奥地で採取した5年前の血液に抗体。地域による感染者数の多少とネアンデルタール人の遺伝子との関係など。興味深い。
コロナウィルスは前からあった説に賛成。ウィルス性肺炎とか夏風邪とかの一形態として太古より存在していたはず。
" スペインのバルセロナでは、2019年3月に採取した下水のサンプル、ブラジルのフロリアノポリスでも11月採取の下水サンプル、イタリアでは12月にミラノとトリノの下水から、それぞれ新型コロナウイルスやウイルスの痕跡が検出されました。"
ネアンデルタール人か
バイオハザード的な展開(研究所から流出)ではないということか。
これは衝撃である
ま、これは与太話の可能性も高そうだけど、前から言ってるけどまず根本的に本当に新しい脅威なの?
既存の病気を見える化して騒いでるんじゃないの?って疑問を誰か明確に否定してくれないかなあ
2018年にPCR検査をしたらホントに陽性者はいなかったの?
>武漢以前に世界に拡散
スペインやブラジルの下水のサンプルから検出。数年前にすでに中国奥地で広まっていた

>コロナ3兄弟…SARS・MERS・新型コロナ、10年間隔で強毒化
最大の原因は都市の急拡大による過密化

>感染者数の偏りや重症化にネアンデルタール人の遺伝子が関係
印象操作くさいな!

本の内容は見てないけど、(想像だけど)実際は記事タイトルとはかけ離れた内容ではないか?
掲載している資料で、武漢封鎖よりかなり前に抗体が確認されてたとある。中国が情報出す気無い中でハッキリする訳がない。
いまだに「強毒ウイルス」扱いしてるなんて驚きしかない。
こんなだから余計な差別が生まれる。

もしそんなに前から拡散してたなら
ますます特別扱いする理由ないよね。
ファクターXってこれなの?

インフルエンザに紛れていたまではいい
ネアンデルタール人の継承の件で話を切るなよ…
何が言いたいんだ
でましたね。中国応援記事

新型コロナウイルスは、武漢より先にあった。
全部読んだ。ヒサビサに入って来ない内容だった。
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
コロナの話題に が出てきた。
彼らの遺伝子を引きつぐ人が少ない事が、日本人がコロナに強い理由だとか
興味深いねこれは
でもやっぱり起源は中華のあたりってことなんだねー
"ネアンデルタール人から継承したある遺伝子の保有者は、ヨーロッパでは約に16%に対し、南アジアでは地域によって約50%に達し、東アジアではわずか4%です。これが東アジア諸国・地域で重症者が少ない理由とも考えられます。"
遺伝子の話とか面白い🙂
緊急事態宣言もマスクも必要ないですね。
新型コロナの衝撃事実。
感染症から逃れて存続できたのは、先祖から受け継いだ遺伝子によるもの。
新々型コロナウイルスが出現する可能性も?
石弘之さん

感染症流行の先行指標として下水の分析がある。地域の排泄物が集まるからだ
スペインのバルセロナでは、2019年3月に採取した下水のサンプル、ブラジルのフロリアノポリスでも11月採取の下水サンプル、イタリアで→
前段は、まあ覚えておく、という感じ。
後段は、やっぱりそうかも。
東アジアで感染者が少ないのは、さすがに生活習慣だけが原因ではないだろう。
「中国の奥地では、5年前に健康診断のため住民から採取した血液にコロナ感染の証拠がありました」
その頃からあったと考えるより武漢での流行前に悪性変異したと考えるほうが自然じゃない?
証拠ってスパイク関連のような。
出たよ、中国の工作ですね。
もっと見る (残り約87件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR