TOP > 政治・経済 > スペインでついに始まった「ホテル売却」の嵐 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

スペインでついに始まった「ホテル売却」の嵐 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナウイルスの感染拡大がスペインのホテル業界に深刻な影響を及ぼしている。何しろ2020年の外国人観光客数は前年から6100万人も減少。ワクチン接種が始まった国があるとはいえ、当面観光業が回復する...

ツイッターのコメント(22)

対岸の火事か、それとも明日は我が身か。
そしてその先は淘汰ルートか、寡占ルートか。
機能的価値に振り切ったブランドの寡占化は、
現実目線ながら味気なさ満載で夢がない。
観光業がメインのスペイン。。
早く旅行ができるようになってほしいー!!
スペインのホテルが政府の支援も少ない中苦境という記事。
ホテル事業は人件費を始め固定費が多いので、事業継続には一定の稼働率が必要です。
STRの昨年11月ホテル稼働率は、欧州21.3%、米国40.3%、日本はGo to もあって55.1%であり、欧州は特に厳しいことがわかります。
これこれ、他人事じゃないよ。
つぶれたお店が増えると傍若無人な国にどんどん付け込まれる。

コロナ禍、観光インフラに群がるハゲタカ。
新型コロナウイルスの感染拡大がスペインのホテル業界に深刻な影響を及ぼしている。何しろ2020年の外国人観光客数は前年から6100万人も減少。
投資家だったらイビサ島のホテルとか買いた過ぎるw コロナ後のパーティー需要はコロナ前よりヤバいと思ってる/
スペインの観光業界も相当苦戦しています。
以下売却を希望しているホテル物件数です。

アンダルシア 114軒
カタルーニャ 101軒
バレアレス 59軒
バレンシア 43軒
ガリシア 32軒
カナリア 26軒
マドリード 19軒
彼の国に買い占められない事を祈るばかり。
| 白石 和幸 : 貿易コンサルタント - 東洋経済
京都も人ごとじゃない
スペイン で始まった「 ホテル売却 」の嵐

白石和幸 貿易コンサルタント
スペインやイタリアの観光関連業が苦境なのは「そりゃ、そうだろうな」なんですが、マドリードとバルセロナの間で温度差がある、というのは聞き捨てにできない話。> | 経済ニュースの新基準
みっくさん今頃スペインホテルのMC受けてくれるオペレーター探してるのかな。
観光客が来すぎてしまう「オーバーツーリズム」が深刻な社会問題だったバルセロナもホテル売却が相次ぐ苦境にある。ギリギリ持ちこたえている日本と異なり感染者数が圧倒的に多い欧州のホテル事情は大きく様変わりしてるんだろうな…
ホテルに政府援助がないのが驚き😲
日本の観光ホテルも人ごとじゃないかも
2021/1/14記事。観光業が苦しいのは欧州も同じ>
コロナをコントロールできないと、明日は我が身。
緊急事態宣言
中国🇨🇳資本?
ロックダウン何回もやればそりゃあね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR