TOP > 政治・経済 > 日本と中国の「IT化」に大差が生じた決定的要因 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本と中国の「IT化」に大差が生じた決定的要因 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

さまざまな国際比較ランキングで、日本の地位は低下を続けています。スイスの国際経営開発研究所(IMD)の世界競争力ランキングで日本の順位をみると、ランキングの公表が開始された1989年から1992年まで...

ツイッターのコメント(30)

私は今のこのような状況だからこそ、なんとかしたいなと思う。できることしていきたい。
日本はこの30年で完全に敗戦してるので、戦後復興を頑張るしかない
外の世界の先を行く技術を導入するターンにある
「日本すごい」は現状誤認とまでは言わないが今は必要ない
野口悠紀雄教授の良記事
「日本と中国のIT化に大差が生じた決定的要因 日本は1980年代に大成功してしまったがために重い遺産を抱えた」
実感すること多し。
感○者情報、未だにPDF提供。
確かにどこもツギハギだらけのシステム使ってる😩
日本が戦後急速に発展したのも基本は同じ理由(焼け野原になってしまったので全て最新式に刷新出来た)なので、せやなという感じ、、、
レガシーが足かせなのは事実だけど、現在の日本の凋落は、企業と国がその刷新にカネと知恵を惜しんだ結果であって、原因ではないわな。新しい知識を勉強しないできた爺さん医者が、医療事故をおこしたのは旧式医療機器のせいだって言い張るようなもの。
これをマイナスと取るか。大きな変化にはなかなか対応しない国かもしれないけど、変わるときは早いのが日本という国(だと思いたい)😅
未だに日本は技術大国などと言う老人が多くて笑うしかない
古いシステムに縛られてるってこと。そのシステムのおもりに、ただでさえ不足してるエンジニアというリソースを使い果たしている… →
"ところが、日本の場合には、経営者は経営を行う専門家ではなく、その組織の中で出世の階段を最後まで登ってきた人なのです。"
「ただ受託事業をやっているだけ」で、技術資産は積み上がってくる。
事業成長や会社規模拡大ともまた違うKPIを持つ。

ここに記載のある内容については、弊社視点で近日中に記事コンテンツ化していきます。
途上国に抜かれる理由は途上国にインフラが無く最新インフラを構築したから。それはこの記事にも書いてある。でも米国は日本と同じく古いシステム使ってたがIT優位にいる。日米最大の違いは戦略が間違ってるのと決定権のあるポジションにプロフェッショナルを採用しないから
うちも2000年頃のインターネット掲示板時代のレガシー問題を(心理的に)引きずっていた節があって、それらを改革するには何かを捨てなくてはならない・・・

と思いたち、当時流行った無料ブログサービスと決別することにしました😅
「東洋経済オンライン」で野口悠紀雄さんの『リープフロッグ 逆転勝ちの経済学』の紹介記事第2弾が掲載されています。
「中国におけるITの進歩が著しいのは固定電話を経験していないからなのですが、メインフレームコンピュータの時代を経験していないことの意味は、これよりずっと大きいかもしれません。」と。
1.経営者がITに理解が無い&分ろうとしてこなかった。2.合理的な考えより、無意味な根性論の方が支持されてきた。3.手間がかかる手作業が最も尊いとしてきた為、作業の効率化を図るとサボりとされてきた。

古いシステムをいつまでも…日本のITが中国に出遅れた要因
・・・その結果、100以上の自治体がオンラインの受け付けを停止し、郵便での申請を要請しました。「オンラインより郵送の方が早い」という、笑い話のような事態になったのです
中国「全ての産業と消費をITで一つにする」
日本「ハンコをなくそう」
これぐらい大差があります。
>それは、エレベーターに乗っている人の感覚のようなものです。扉が閉められて外界の様子が見えないと、下降しているにもかかわらず、室内の人々との相対的な位置は変わらないので、高度が下がっていることが認識できません
>30年の間にトップ→34位に転落
>デジタル技術では、2020年日本62位(対象63の国で最後から2番目)
>新しいシステムに移行できない「レガシー問題」

確かに“オンラインより郵送の方が早い”という事件は記憶に新しいですね。
技術創世記にIT化を図るより、何もない状態で、技術が安定化してから、一気に取りかかった国は、一気に先進国になったということのようだ。(>_<)
一度経済成長してしまったからとても変化を嫌う国民性になってしまった。故に時代の変化について行けなかった。
テレビでは「日本すごい」、「外国人人気すごい」番組やってるから分からない人が多い。ガラパゴスだから遅れてても気にしないんだろうね。
日本 と 中国 の「 IT化 」に大差が生じた決定的要因

野口悠紀雄
成功したから対応できない論だと、アメリカが対応できてるのはなんで?って話になる。
本文でも指摘されているが、日本の経営層、リーダー層の能力不足に尽きるだろう。
“その秘密は「リープフロッグ」にある” →
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR