TOP > 政治・経済 > 東京ヴェルディを子会社化した「ゼビオ」の深謀 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東京ヴェルディを子会社化した「ゼビオ」の深謀 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「私が社長の座を降りるのにはまったく躊躇はありません。それはこのヴェルディという偉大なクラブの歴史のほんの小さな出来事にすぎません。だけど、僕らの未来がいい方向に向かっていくという確信がなければ、私…

ツイッターのコメント(19)

スポーツマネジメントのプロを育成する体制が急務

・・・
何れにせよ、ここまでJ2に居続けている事実を見れば今回の事も納得できる。千葉もそうだが、それなりの選手、監督が揃ってこれだけ昇格出来ないとなると、根本的な何かが欠けているのだと思う。
ゼビオって本社郡山なんだよなぁ。いつのまにかこんな事になっていたとは *
2010年にゼビオロゴがユニフォームに入った初戦も味スタのゴール裏にいたし、物心付いたときから好きだったのはヴェルディとジャイアンツだったよ。真実なんて知ったこっちゃないけど、もう名門とか古豪とかじゃなくて前に進んだほうが良い。今はもう令和だよ。
プラスの面で言えばこうなるよな…。
今後の事業そのものに関して、ヴェルディにとってもプラスに進むことは信じたい。

それと旧経営陣に向けたリリース等の部分に関しては、「別問題」で考えていきたい。そもそも、あのリリースはゼビオ様の株主も納得するのだろうか…。
今回の投資額が、ゼビオの新店舗1.2店分て、なかなかの額のように感じるのよね。そして、ヴェルディー が黒字を生み出す勝算を、ゼビオがどんな風に描いているのか?は気になるな〜。
社員が親父と俺だけの弊社、当期純利益と純資産だけならVパイセンよりも優良会社であるw 〜 :
「私的な支配欲と資金力でクラブを買収する行為を阻止する狙い」…そんな行為があったのか…!/
今までの日経ビジネスの記事は羽生社長以下ヴェルディ側のスタンスをメインにしてたけど、
東洋経済はゼビオ側の話を報道してきた
ゼビオ目線の取材記事っぽく見えるけど、実際に読めばゼビオの主張はやっぱりやばいなという印象を受けるのでこれは旧経営陣による刺客。
祥平や翔哉を『買ってもらった』金と晃輝や畠中を『買われた』金とでは意味合いが全く違うのにね。
前者の金で大物獲ってたらうーんだけどそんなことないし。
規模の小さなクラブとしては選手育てて売って経営回してってのは至極当たり前だと思うんだが。
>中長期的には、若手選手を育成する環境作りや、女子チームやヴェルディの抱えるバスケットボールなどを含めた総合型スポーツクラブとしての強化を進める構えだ。
(笑)

→関係者によると、羽生氏を始めとした経営陣はJ1昇格を狙って、大物選手の獲得に力を入れてきた。その資金は、有望なユース選手を放出することで得る移籍金で賄ってきた
しん‐ぼう【深謀】
深く考えて立てたはかりごと。「深謀をめぐらす」出典:デジタル大辞泉(小学館)
(。・ᴗ・。)◞ ੈ⚽ - 東洋経済オンライン
東京ヴェルディを子会社化した「ゼビオ」の深謀 (東洋経済)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR