「ミロ」だけじゃない、大人が飛びつく健康食品 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ツイッターのコメント(17)

ミロのリバイバルブームが続いている。火をつけたのはやはり「お母さん」か。大蔵大臣になる事が多いお母さん達に刺さる訴求を常々考えないとな🤔

ミロ」だけじゃない、大人が飛びつく健康
強烈なリバイバル。
健康志向の追い風は良いとしても、添加物や安価原料は気にされないのかな。
そこを突破しないといけないけども
PSFを再度!!
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
なんかステマ臭い。カルシウム摂りたかったら小魚だよ。
現在、麦芽飲料ミロが販売一旦中止になるほどの人気ですが、自分が10日ほど飲み続けてみたところ、効果あり。
朝起きてからボンヤリしている時間が短くなりました。ただし(続

#ミロ #健康飲料
“大人”は健康食品が大好き…
■今人気の記事■ 【「ミロ」だけじゃない、大人が飛びつく健康食品】
キューサイの件調べてたらミロ(マイロ)って健康食品の部類だったことに驚きを隠せない…
普通にココアだと思ってた
飲用ニーズ増。
大人が飛びついたのではない。
転売屋が飛びついただけだ。
栄養があるもの=ミロって若干こわい話。健康志向ブームはいいことだけど根幹となる教育や情報が明らかに不足している。
子供の頃飲んでたな。
麦芽やったんや…ふつうにココアやと思って飲んでたわw

| 経済ニュースの新基準
うちの嫁さん、産後貧血気味で重宝してたのになあ。栄養価も高いし授乳中には最高だと思うよ、ミロ。

必要としてる人が手に入らず、転売屋の餌食になって、、、、、やるせない。
プロテイン+ミロがうまいと思った矢先。。
以上
 
PR
PR