TOP > 政治・経済 > 「他人と体をシェア」36歳早大准教授の凄い研究 | 先端科学・研究開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「他人と体をシェア」36歳早大准教授の凄い研究 | 先端科学・研究開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――どんなことがきっかけで、研究の道を志したのでしょうか。高校生だった2001~2002年頃、先天性の心臓病が悪化して入院することになったんです。とてもつらく大変だったけど、入院生活自体は上げ膳据え膳...

ツイッターのコメント(437)

早稲田大学理工学術院准教授の玉城絵美氏は、コンピューター信号で人の手を自由に動かすことができる装置「ポゼストハンド」を開発したそうです。自身が入院した際に外出できなかった経験が研究のきっかけのようです。

「他人と体をシェア」36歳早大准教授の凄い研究:
恐ろし~~‼️😱😱😱🦛
身体を他人とシェアなんてしたくないだす‼️😤💢💢💢
| あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者 - 東洋経済オンライン

身体の制御系をそのまま機械に置き換えると上手く行かず、光学的処理で機能する…実に興味深いです。
外に向けて発信するのがうまい
早稲田大の玉城先生は本学をご卒業されています。
まあつまり「サロゲート」だが、実際にやると特にこの国では往来に男しかいなくなるだろう。誰も好き好んで女の格好でそこらを彷徨きたくはなかろうから。

女の格好で歩いているのがいるとしたら、それは間違いなく男だ。
30年くらい前、大学のゼミでVRなどをいろいろやってて、武邑光裕は「もうすぐ全身をサウナスーツのようなもので覆って機械を脳に繋いで、寝たままどこでも行けるし何でもできるようになる」って言ってたんだけど、何も進んでないなこりゃ。
空間的制約がなくなってどこでも身体性を保ち異空間にいける世界線を期待
ボディシェアリング、夢がある。
これほんとワクワクする
体を動かすと、筋肉は膨らみます。膨らんだ筋肉に光を当てると、膨らんでいないときと比べて、光をより多く反射する。
ムーンショットの時代が来ます。
『「ボディーシェアリング」(身体共有)とは、ひと言で言うと「時間と身体、空間の制約がなくなる」ということです。』
人間としての進歩をかけて研究してる方々をほんとに尊敬する。
50年後おじいちゃんになった時どんな世界か全く予想できないけど、いずれにせよ最新の機器や仕組みはお金を持ってる人しか最初は使えないかもしれない。だからお金を稼ぐために勉強するのが手っ取り早い
|

びっくりした、新手のAVとかかと思ったわ。
でもこれはいいね。
同世代の沖縄出身者にこんな凄い方がいらしたとは😳

自身が高校生の頃に先天性の心臓病が悪化して入院。
その体験がきっかけだそう。

ボディーシェアリングなんてまるで映画の世界みたい🎥

僕は、見返り気にせずに誰かの為にひたむきに動く人がとてつもなく大好きです🙆‍♂️✨
結局テレイグジスタンスってことかな
NETFLIXの「BLACK MILLOR」の世界が近い未来にやって来る。エロいこと考えてしまったぜ。
きっとこんな未来が来るんでしょうね👐🏻

「身体的かつ空間的な制約による機会や経験の不平等がない世の中になったらいいなと思っているんです。」
「他人と体をシェア」って書かれると良く分からなかったけど、遠くにいるロボットを自分の意思で動かすってつまりアイアンマン的なことかなと思ったらスッと理解できたわ(中身入ってなかったver.の時の)
ただいま、鋭意ゲラの見直し中の『本心』的にも興味深い話でした。 / (東洋経済オンライン)
これ、筋トレを強制的に出来たりすれば最高だと思うんだけど!!
機械付けるだけでトレーナーの動きと同じ動きをやって勝手に鍛えてくれるとか出来ないかな?
審議中・・下水事考えてしまたのはナシでwさすおにのほのかがレイシアの体を使て・・という状態かのう・・と妄想/
年齢書く必要あるん?

| 経済ニュースの新基準
この研究、例えばギター弾く時の身体の感覚とかも共有できるようになるのかな?そうなったらすごく技術的なこと伝えやすいよね.期待.
こういう記事を読んで、「もしも何かトラブルが発生したら…?」と考えるのが、我々の宿痾。
「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」とはまさにこのこと。実現されたらどんな未来が待つのだろうか。
ボディシェアリング」他人と体をシェアする。
物理的に動けなくても、体感・体験できる装置。
素晴らしい研究!
実用化されたら介護の世界で絶対使えるね!
B子も楽しみにしています。
"天才外科医にシェアされれば、藪医者でも僻地・遠隔で高度な外科手術が可能になる"とか?すごいね~・・・「だとしたら。」の話だけど。

こういう期待と想像が膨らむ話はとても良いな~。
これはちょっとヤバすぎませんかねえ・・・
・時間の制約がなくなる
・身体の制約がなくなる
・空間の制約がなくなる
言ってることが完全にムーンショット計画と一緒、明らかにアレへの前振りですやん
こんなん絶対にやりたくねえ~

「他人と体をシェア」ボディシェアリング
発達障がい者には朗報かも。
因みに元ヤクザの同僚は自分の犯罪を他人に転嫁して冤罪着せることができるなと舌舐りしていたね
発想がすごいなあ……。
記事タイトルの表現がアレだけども
 
“身体に取り付けた装置で遠隔地のロボットを動かす”ていう内容はもう のアレ。
原作の設定年(2020年代)に間に合いました!?
凄いです。怖いです。
弟から私の研究と似てるねって、この記事送られてきたんだけど、丁度今日この方が2011年に東大で書いた論文を読んだ所ですごいタイミングだった笑
要約すると電車に座った隣のオジサンの手でワイのチンコを手コキしてくれてるけど、実は深田えいみタンがリモートでオジサンの身体を操作して、えいみタンの手コキを味合う事も可能になるって事でしょ
恐ろしくもあり、面白くもある
人間ってどこまでいくのかな?
最後は使い方次第だと思う……人間の倫理と発展の狭間だよね

| 経済ニュースの新基準
人類の成熟度が低すぎて使えなさそうな気がしてる
瞑想とかに応用しようと思う人はいそうね。
東洋経済オンライン!テメータイトルで釣りやがったな!!
これじゃどう考えてもセフレシェアの研究にしかみえねぇだろうが!!!
「他人と体をシェア」というタイトルを見て
とってもエチエチな新サービス!?
と期待に股間を膨らませてしまった僕です
(//ω//)グフッ
タイトルでエロいことを想像しちゃったじゃないか😳
»

その昔’90年代に、ロサンゼルスだかサンフランシスコだかの大学の某博士が、自分の体を操る装置をネットに接続して、匿名の不特定多数に自分の体を自由に操ってもらうという公開実験をしていらしたのを思い出すなど。
内容に関係ないんですけど、どんな研究も「凄い」のでほんとそこんとこおなしゃす。
経済的に価値がありそうなものだけが「凄い」のではなく、研究や学問はすべからく「凄い」と思います。
目に見えやすいかどうかだけで研究や学問を安易に評価するやめません?
メモ代わりに投稿
久しぶりに記事で拝見した。プロダクト好きなんですよね。玉城さんすごいいい人なのでロールモデルになったら最高、と思ってH2L応援してます。
🤔「他人と彼女をシェアできればいいのに」
🙄「それって風俗じゃね?」
すごい。こういうの進んでほしい。
倫理的な観点の課題なども多そうですが、すごく興味深い研究ですね。
経験を平等にできる、という考え方が素敵です。
これは、内閣府が2050年までに実現を目指す
「ムーンショット計画」の一環。
もっと見る (残り約387件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR