TOP > 政治・経済 > 「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナウイルスの感染者数が再び拡大しているスペインは10月25日、2度目となる緊急事態を宣言した。これにより、スペインでは原則、午後11時から翌朝6時までの外出は禁止されることになる。これに先駆け...

ツイッターのコメント(21)

「なぜ私たちが(感染拡大の)責任を負わねばならないのか、それを説明できる者は誰もない。」

ホントこう言うことだよなあ。
誰のせいでもないのにね。

インフルエンザも同じように検査してみればいいのに。
きっと同じような陽性者数が出るだろうけどどうすんのかね?
今の段階でこの状況だと、来年5月まで緊急事態宣言が続いたらバルセロナは壊滅だよね。

アフターコロナを見据えてバルセロナのバルやレストランを安く買えると面白いかもしれない。
もともと欧州は失業率や財政やばいところ多いし、今回のでかなり致命的なところにヒビが入ったのでは
スペイン緊急事態で一部地域では飲食店が15日間営業停止 悲鳴を上げる店も 「休業補償についても、3月から支給されるようになってから、現在までもらっていない人がかなりいるというのも問題となっている。」
そりゃ反発食らう。その上、買掛金の支払いにも困窮・・
18時閉店と聞く
アフター5も何も無い
それだけの猛威に直面している
第1波当初から、まずワクチンありき
それ以外の予防方法無いはず無い
大変なことになってる。
■今人気の記事■ 【「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店】
>カタルーニャ州1日6千人感染
>観光業74.8%減
>同業界20万7千人の3分の2休業補償
>手取り7割政府から支給、最低限の生活保障


カタルーニャ州では10月14日から休業要請|
カミーノ歩いてると、どんなに小さな集落でも教会とバルがあるじゃないですか。バルは巡礼者のオアシスで、交流の場。なくなっていったら、カミーノの楽しさも減っちゃう気がしてならない…。

🌸カタルーニャ州だけで1日6,000人感染者。15日間営業自粛で
これ以上やったら冗談抜きで内戦起きるよこれ
頑張って👍言いたい!
拡散希望
これから冷える地域は換気も悪くなるので今より良くなることはない。
スペインをはじめ、ヨーロッパ、アメリカで再拡大し始めた、この感染症には自然免疫は期待できない。という証明である。

もしかしたら、ワクチンも期待できない。かもしれない。

まずは、感染しない努力を怠らない事である。
人が人を殺す
症状別人数を報道すべき(¬_¬)
25日に緊急事態宣言を出して夜間の外出禁止令、その10日前から飲食業に15日間の営業停止令が出ていて悲鳴状態
カタルーニャ州政府は独立問題どころではないと。こういう緊急財政出動を期待するなら国は大きいほどよい。独立運動やめるべし。
カタルーニャ州では飲食業界に対して15日間の営業停止を発令。レストランなどから悲鳴。白石和幸さんのコラム。  2週間、売り上げがゼロという状態に耐えるには相当の犠牲を払わねばならない。。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR