TOP > 政治・経済 > 太田光「M-1審査員の依頼があっても断るワケ」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

太田光「M-1審査員の依頼があっても断るワケ」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

なにをもって才能と呼ぶのか。この手のテーマは、ひどく難しい。たとえば、田中のことを「この世界で30年以上のキャリアがあって、あれだけ変わらないのも才能」と言う人がいる。それを才能と呼びたきゃ呼べばいい...

ツイッターのコメント(45)

成るほど!僕は、電気グルーヴの石野卓球か元電気グルーヴのまりん事砂原君が、やったらいいと思うね。お笑いマニアの卓球なら間違いないよ。
いや、頼まれないだろw さんまと一緒で審査員向きじゃなさそうw
タイトルと内容に少々ギャップがありますが面白い記事。
古坂大魔王の都合を一切考えずピコ太郎について語って面白い
太田光さんの考える才能、努力と売れる売れない。
みただけではM-1審査員になると公言した塙宣之さんと逆に思えるが同じだなと
ピーちゃんらしい
「型」が大事なのは確かと思う。感性に影響されるのはインプットの時点で「型」を掴めるかが一つかしら。余計なものに引っぱられる人は多い
太田さんいわく「0点をだす誘惑に勝てる気がしない」とのこと、
だとすると、審査員のなかでたった一人上沼恵美子だけがボケ芸人だったということなのかもしれない🌸
太田光


なぜ、才能について語るのが難しいのかと考えると、結局、わからないからだと思う。才能を「売れる」という言葉に置き換えてみてもそうで、この世界は、誰がいつ売れるかだなんて誰にもわからない。

では、技術を育てるベースとなる感性を才能と呼ぶのか?
面白いなー。
才能と努力、才能と技術に関して言ってる内容も読んでて面白い
なるほど。
なぜ売れるか全くわからないからか。
やっぱ好きだわこの人。。
”「いまこの場で0点とか出したらどうなっちゃうんだろ?」「いやいや、さすがに『M-1』でそのボケはダメだろ」という葛藤はあるだろうけど、やっぱり0点を出してしまう気がする。いや、絶対に出す。俺にはその誘惑に勝てる自信が一切ない。”
軽く相方であるうーちゃかディスってて笑う
松本人志と対談してくんねえかなー
芸人さんの独特な感性って魅力的であり、惹かれます。
「小学校の宿題から数えてこの方、一度も努力できたためしがないから。夏休みの宿題も一切やったことがないんだけど、あえてやらないといったかっこいいものじゃなくて」太田光 -
「葛藤はあるだろうけど、やっぱり0点を出してしまう気がする。いや、絶対に出す。俺にはその誘惑に勝てる自信が一切ない。」
このあたり松本人志の軸から逃れる見事なオモロさ。
“ふつうの大人ならいい加減自分の向き不向きとかいろいろ見えてくるはずなのに、いまだにずっとわかっていないところが俺の才能なのだろうか。いや、それも最初の田中の才能の話と同様に詭弁だと思う”/
渋味が出てきたな
東洋経済オンライン: 太田光「M-1審査員の依頼があっても断るワケ」.




メモメモ。

才能について悩んでる方に。
違和感を違和感で終わらせずに考えるって大切だなぁ。
面白かった。本買ってみようかな
"じゃあなぜ、才能について語るのが難しいのかと考えると、結局、わからないからだと思う。才能を「売れる」という言葉に置き換えてみてもそうで、この世界は、誰がいつ売れるかだなんて誰にもわからない。"
「好きなことを頑張るの何が努力か」
すごい分かる。

数年前からある事に注いでるエネルギーは時間も体力も含めて膨大になってきたけど、これを努力と呼ぶのは違う。意識高いとかじゃなくてピンと来ない
むしろこう言うM-1の主旨を理解した上で嫌がる人こそ審査員をやるべき。

livedoor: 太田光がM-1審査員をしない理由「笑いの世界の正解はわからない」.
松本と太田が審査員席にいたら、演者もまともにネタできないわな
笑いに対して談志さんっぽい破天荒なところと論理的なところあるからな太田さんは

@Toyokeizai
大丈夫。依頼ないから。
これは実は名言で。

今の世の中を一言で言い得ています。
この世の中、過去の経験則なんてもんがほぼほぼ使えなくなっていて、それでもまだ過去の栄光にすがり付いている人が各所で総スカンされています。
賞レース云々じゃなくて、最近は、テレビやラジオで若手と太田さんが共演してどんな感じになるのかを楽しみにしています。
太田さんはあの空気でも0点を出してしまうだろうし、その自覚があるから断るというのはらしいよねw
そこが太田光の強みだから。
伝統芸能、スタニスラフスキー理論の辺りが面白いな。
太田のオヤジはカッコいいなぁ
太田光「M-1審査員の依頼があっても断るワケ」…|東洋経済オンライン「40歳の頃の桑田佳祐さんは、『他者との比較ではなく自分のなかで一番信じられる才能は?』との問いに『17歳の頃の感性をいまだに信じられるところ』と答えたという。…」
この話、めっちゃEA界に当てはまるなあ ( `・ω・) ウーム…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR