TOP > 政治・経済 > 中小零細業者から悲鳴、ゼネコン界に異変あり | 建設・資材 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中小零細業者から悲鳴、ゼネコン界に異変あり | 建設・資材 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「予算がねえんだよ」新型コロナウイルスが猛威を振るった今春以降、多くの下請け業者はこのようにゼネコン社員から工事代金の値下げを迫られる場面が増えた。「値下げ圧力は常にあるが、コロナ禍で一層厳しくなっ…

ツイッターのコメント(33)

特に東京の人件費が高すぎただけやろ。 / (東洋経済オンライン)
公共工事の労務単価が引きあがったときにピンハネしてたくせによく言うよ💢
「予算がねえんだよ」
会員登録して見るかが、悩む。
クリックひとつがめんどくさい・・・って気がする。
最近多いなー。
セブンイレブン23社分はすごい競合だなぁ
本業に予算割けないぐらい金ないなら、政治家へのムダな献金やめろよな。
早く中小企業を潰さないから…
DBO案件やPPP/PFI案件の入札前の基本設計を最近手がけることが最近多い。
コンサル側は限られた情報の中で不確実性を見込んで安全側に設計するけど、ゼネコンは不確実性を見込まず常に安くを心がけてる。受注し実施詳細をうけて、値段が高くなれば文句言うゼネコンが大嫌い。
■今人気の記事■ 【中小零細業者から悲鳴、ゼネコン界に異変あり】
多重構造の業態はいづれ淘汰されていく。その過渡期(多重構造が解消移行期)にはある程度は極端にその業界全体で低収入が続き労働者数が急激に減っていく事になる。
労働集約型から資本や知識集約へ、必要な知識や技術を持つ者が参加型へ
スーパーゼネコンに勤める友人の結婚式に出席すると、重層下請け構造になってるのがすごーくわかる
とくに祝辞
新型コロナウイルスを口実にして、下請け孫請に対してディスカウントを強いているという側面はないだろうか。
スガノミクス、ゼネコンどうする?
確か昨年度に会社数が増加しましたね。
全国46万社はさすがに多いと思います。
下請けの多層構造を何とかしないと・・・。

コロナ禍で工事代金値下げ圧力が高まっている」
東洋経済
「予算がねえんだよ」

新型コロナウイルスが猛威を振るった今春以降、多くの下請け業者はこのようにゼネコン社員から工事代金の値下げを迫られる場面が増えた。
ほかでもツイートしたが、建設業者が多すぎる。労働の転換をしないと工事そのものの質が下がり労働者の賃金も増えない。
こうした企業や労働者を食わせるために多くの税金が浪費されている現実を見るべきだろう。「土建国家」の終焉!
| #建設業

短い記事なのでやむを得ないですが、違和感あります
・大手ゼネコンのシェアは意外と低く、大手30社かき集めても2割台
・各社伸びているところとそうでないところが混在
コレは強烈なボディブローだ!
上から2段目だけど既に死にかけです。
こんな構造の温存も生産性が上がらない原因ではないのか?
---
これって建設業に限らず、IT業界でも同じこと。
そりゃ事故減らないわなぁ
今更こんなのを記事にするほどか?
ずっと前から当たり前のようにされてきてる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR