TOP > 政治・経済 > 疲弊する「ドキュメンタリー番組」制作現場の闇 | テレビのミカタ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

疲弊する「ドキュメンタリー番組」制作現場の闇 | テレビのミカタ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

藪から棒で恐縮だが、テレビのドキュメンタリー番組やノンフィクション系の番組を制作するうえで、番組制作会社にとって今いちばん難しいことは何か、ご存じだろうか。あえて言わせてもらえば、多分それは「黒字を…

ツイッターのコメント(37)

うーむ、テレビのドキュメンタリー番組は割とよく観るし、社会的に必要・重要なものだと思うのだけど、制作現場はこんなにヒドいことになってるのか…🤔
残念ですが、まったくその通りです。だから作り手が、自らメディアを作ろうと決意したのです。
カンブリア宮殿?ww "経済系の有名ノンフィクション番組をいくつも制作したことがある。とある有名作家がキャスターを務める番組では、よくこんな「災難」に見舞われ" //
テレビ局員て自分たちで番組作らないのな。そらオワコンだわ。ITゼネコンと一緒
ひどいなー「とある有名作家がキャスターを務める番組」。
各局、威張るのやめて取材現場を大事にしてくれ。途中出てくる作家ってRだろ、自分も取材行けよR。後半NHK話も誰だか特定されそうな具体性。
他の業界もこんな感じのことよくありますよね。
受験戦争就職戦争勝ち抜いてもそのあとチンタラやってたら老害に成り下がるのです。
作家でドキュメンタリー映像、カンブリア宮殿の村上龍では…🤔
2020年現在の日本のテレビ・ドキュメンタリーがこんな世界になっているとは知らなかった
これってカン●リア宮殿のことかwww /
TV番組はほぼやらせでしかもみえみえ。それでも視聴率が取れる民度と番組製作者の知力。
現場の人間の事を顧みないんじゃそりぁ廃れるわな
局員たちの自業自得🤪
局側と打合せし、取材後の追撮が間に合わないため想定の上でスタジオ収録を行い、その後想定に合わせ収録って、筋書出来てんじゃんね。>
カンブリア宮殿の話、ほんと段取り悪い…//
うわ… 今度知り合いのドキュメンタリーディレクターに聞いてみようかな…
前編も読んだけどまさしく(笑)
自分だけではないことに安心???
追撮地獄。
下請けいじめ。昭和。いまや大手一般企業なら普通に遵守してるコンプライアンス違反を堂々と犯すテレビ業界
某カンブリア?は、仕事の段取りが悪い、としか言いようがないんだが。
( ̄へ ̄|||) ウーム
酷い話だなぁ
ううむ… →
追加で撮影・編集・プレビューをやり直し、それでもOKが出ない。これが「追撮地獄」だ。
この内容をドキュメンタリー番組にしよう(提案)
@Toyokeizai どこの業界でも手直し地獄はあるが、この現場も酷いね
追撮地獄、赤字での制作などなどネガティブワード連発ですな。某有名作家の経済テレビも大変そうな裏側。
でも、ぶっちゃけ、質の高いものより、短時間でパーっと理解で来た方がいいです。
なにこの記事めっちゃ面白い。
| 経済ニュースの新基準
これは制作の世界全般に言えることで、日本では仕事を依頼する側にプロ意識がなさ過ぎます。未熟なオリエンと仕事が欲しい下請けへの強要が多過ぎる。

| 経済ニュースの新基準
某学会で聞いていたことの背景はことれ→
なんとなく感じてたけど大変そう…
ガイアの夜明けの制作スタッフの方々、応援してます。
なんかわかる。若手が取ってきたスポーツドキュメンタリーの話が製作サイドのこだわりでポシャったのを思い出した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR