TOP > 政治・経済 > 通勤電車、いまこそ「有料座席」を増発すべきだ | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

通勤電車、いまこそ「有料座席」を増発すべきだ | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

JR東日本が9月3日、来年春のダイヤ改正で終電時刻の繰り上げなどを行うと発表した。新型コロナウイルス流行による利用者の行動様式の変化により、とくに深夜時間帯の利用が大きく減少していること、夜間の保守作...

ツイッターのコメント(12)

前後の便の混雑率が増してしまうデメリットに目を瞑れば合理的な手法だから、減ることはなさそう
こんなの導入されても恩恵受けられそうにないわww
電車に乗ると感染が心配
って思う人も多いし、密接にならない座席があれば確実に座れるし売れるよね
✅テレワークにより鉄道会社の収益悪化
✅乗客はコロナ対策で混雑を避けたい
というなかで、有料座席増はWin-Winになる。
なるほど🤔

|
微妙に見覚えある雰囲気
当たり前のように続いていたことによる課題や懸念を先送りしてきたことは各方面で多い!

その中で を契機に変える決断は大切。そしてそれを検証し見直す機会作りはもっと大切だ!
長距離利用で高額料金利用でも、座れる可能性が確実で無い事も納得いかない。飛行機みたいに、全席指定にすべき。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR